ジョン・マカフィー、分散型取引所「McAfeeDEX」のベータ版リリース

ジョン・マカフィー、分散型取引所「McAfeeDEX」のベータ版リリース

McAfeeアンチウイルスセキュリティクリエーターであり、仮想通貨を長年支持しているJohn McAfeeは、イーサリアムベースの分散型仮想通貨取引所であるMcAfeeDEXのベータ版をリリースすることを発表した。公式サイトによるとMcAfeeDEXのユーザーは名前やメールアドレス、銀行の情報などを登録しなくても取引所を利用することができ、メイカー手数料は無料、テイカー手数料は0.25%になる予定である。

分散型取引所McAfeeDEXの詳細

取り扱い通貨などは現時点では明らかにされていないが、イーサリアムベースのトークンであれば取引可能とのことである。John McAfeeは10月7日に彼のtwitter上で分散型取引所の必要性とDEXを利用することのメリットについて、以下のように語っている。

「McAfee Distributed Dexベータ版のリリースは10/7になります。十分な数のユーザーが参加するまで時間がかかると思われますが、DEXにより政府の管理するフィアット通貨から解放されることができます。」

またJohn McAfeeは、仮想通貨業界は徐々にユーザーに対してセキュリティや資産管理の自由を与えており、このような仮想通貨のユーティリティは腐敗した政府によって作られた従来の金融システムに取って代わるだろうと考えている。

さらに、多くの分散型取引所擁護派のユーザーは、中央集権型の取引所は、仮想通貨業界の弱点であると考えており、政府からの独立を妨げる要因であると考えているようだ。分散型取引所は中央集権取引所とは異なり、ハッキングなどの被害が起きにくいというメリットがある他、手数料などもかなり安く取引することができる。

また誰も制御していないという意味では、それを止めることは不可能であり、永遠に続いて行くものであると説明した。

この記事のURLをコピーする