CelsiusのCEOが米国州法に違反しているという申し立てに反論

Celsius社に対する米国の州規制当局による行動監視強化

仮想通貨レンディングサービスを提供するCelsiusのアレックス・マシンスキー(Alex Mashinsky)CEO(最高経営責任者)は、テキサス州とニュージャージー州によってプラットフォームへの監視が厳しくなった後、同社が米国の規制当局と協力することを約束した事が判明した。

複数の米国・州規制当局は、地元の証券法を遵守しなかったとして、人気の仮想通貨の貸し手(レンディングサービス)のセルシウスネットワークを追跡。Celsius 社のマシンスキーCEOは、すべてのプロトコルサービスが今のところ影響を受けないままであると約束し、規制当局による主張に対し、すぐに反論した。

米国の規制当局は最近、仮想通貨業界に対する行動を強化しており、最も直近で9月17日(金曜日)にCelsius社に対する監視行動が判明。これらの行動の一つとして、テキサス州証券委員会は、同社に対して排除措置命令を課す可能性のある公聴会を申請。規制当局は、貸付会社が無認可の証券を継続的に提供していると主張し、公聴会は、行政法判事の前で、2022年2月14日に行われることが決まった。裁判官が規制当局の主張に同意した場合、同社は必要なライセンスを有していないとして、対象州臭いて、仮想通貨サービスの提供はあできないため、同社もサービスの提供を停止しなければならない可能性が出ている。その後ニュージャージー証券局は、取り締まりをより一層強化させ、次のように命じている。

利息を稼ぐ仮想通貨商品の形での未登録証券の販売から投資家を保護するための措置を講じることにより、取り締まりをさらに一歩進めており、規制当局はデジタル資産会社にこれらの製品の提供と販売を停止するように命じました。

この声明は、Celsiusが少なくとも部分的にニュージャージー証券法に違反する未登録証券の売却を通じて、仮想通貨の貸付業務と自己勘定取引に資金を提供したと主張することにより、排除措置命令を正当化。そのため、同社はこれらの「違法な販売」を通じて140億ドル(約1兆5,380億円)を調達し、アンドリューJ.ブルック(Andrew J.Bruck)司法長官代理が次のように述べた。

仮想通貨市場で活動している金融会社は注目を集めています。ニュージャージーで証券を販売する場合は、ニュージャージーの投資家保護法を遵守する必要があります。仮想通貨を扱う企業は監視の影響を受けません。

最近では、Celsiusと同じく、仮想通貨レンディングサービスを提供するBlockFiに対し、NEXTMONEYの7月23日付特集記事「米国・アラバマ州、BlockFiが147億ドル相当の未登録証券を売却したと非難」で保持たように、アラバマ州の規制当局が未登録証券販売の疑いで非難している。

Celsius CEOは失望したと嘆く

1. To all @CelsiusNetwork clients, partners and ambassadors

With regards to recent actions by the states of TX, NJ & AL

We are disappointed these actions have been filed and wholeheartedly disagree with the allegations being made that Celsius has not complied with the law.

— Alex Mashinsky ©️ (@Mashinsky) September 17, 2021

彼は彼らを失望させたと分類し、Celsiusは会社が法律を遵守しなかったという主張に「心から反対している」と主張した。同社は「常に」米国の規制当局と協力してきたと主張した後、マシンスキー氏は、顧客は変更なしですべてのサービスを引き続き使用できると付け加えた。

米国・アラバマ州、BlockFiが147億ドル相当の未登録証券を売却したと非難

2021.07.23

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。