SECがCoinbase Lend問題で複数の市場関係者らから反発を招く

SECがCoinbase Lend問題で市場関係者らから反発を招く

SECは、Coinbase製品の貸し出しをめぐって「法的措置」をちらつかせて脅かした後、多くの市場関係者らからの反発に直面している事が分かった。

仮想通貨取引所Coinbaseは、NEXTMONEYの特集記事「コインベースCEOが新サービスに対してSECが圧力を受けたと明かす」で報じたように、SEC(米国証券取引委員会)が仮想通貨利回りプログラム「Coinbase Lend」の発売を進める場合、訴えると揺さぶりをかけている。訴訟の脅威にさらされたCoinbase Lendは、USDコイン(USD Coin/USDC)を借り手に貸し出すことにより、適格な顧客に貯蓄の4%の利息を提供することを目的とした同取引所の販売予定商品である。

Coinbase CEOは「大ざっぱな行動」のSECを非難

9月8日(水曜日)付けのブログ「The SEC has told us it wants to sue us over Lend. We don’t know why(日本語訳:SECは、Lendをめぐって私たちを訴えたいと言っています。理由はわかりません)」で、Coinbaseのポール・グレワル(Paul Grewal)最高法務責任者は、SECが「Wells Notice(ウェルズ通知)」を発行したと発表した。

ブログの中で、グレワル氏は、Coinbaseが過去6カ月間、貸し出しプログラムに関してSECと話し合っていると述べたが、それでもSECは先週、製品が発売された場合、何の説明もなしに訴訟を行う可能性があることを取引所に通知。同社が受け取った唯一の説明は、プログラムが現在HoweyTestの下で評価されているということで、次のように批判した。

彼ら(SEC側)は、Howey andRevesと呼ばれる数十年前の最高裁判所の訴訟のプリズムを通して私たちのLend製品を評価していると私たちに言っただけで、評価自体を共有するのではなく、評価を行ったという事実だけを共有しています。

さらに、Coinbaseのブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)CEO(最高経営責任者)は、SECが「大ざっぱな行動」であると非難し、Twitterを通じて炎上を半ば狙った形で訴訟の脅威を明かした。

同CEOは、召喚状の文書や従業員の証言の提供を含め、同社がSECのすべての要求に応じたと仮定。また、SECが彼らの新しい貸付機能をセキュリティとみなす理由についての説明は提供されていないと述べた。

「不公平な市場」を生み出そうとするSEC

アームストロングCEOは、発売前にSECに友好的な注意を払わなかった他の企業が、貸付商品を提供し続けているという事実を非難し、SECは現在、Coinbaseと「密室で脅迫戦術に取り組んでいます」。基本的に、Coinbaseが他のそう通貨企業がすでに提供しているのと同じプログラムを立ち上げるのを防ぐことは「不公平な市場」を生み出すと述べている。

同CEOはCoinbaseが法廷で代理店と戦うかもしれない事を示唆しているが、これは「最初ではなく、SECの最後の手段」であるべきだという考えを明かしている。同取引所は、2021年6月、仮想通貨の利回り製品を発売する計画を初めて発表しており、数週間で公開される予定であったが、今回のSECによる訴訟の脅威によって現在は計画通りには進んでいない。そうではないようです。グレワル氏によると、SECからの追加のフィードバックを現在は待っているため、Coinbase Lendの発売を少なくとも10月以降に延期される予定とのこと。

政治的権力による圧力なのか

米国の各州の規制当局は、BlockFiによるCoinbase Lendと同様の高利回り商品を取り締まり、貸付商品は未登録の証券提供を構成していると主張している。

日本語訳:
SECのニュースがすぐにどのような影響を与えるかは不明ですが、これは一般的な知識ではなく、ダンプとともに多くの人が不意を突かれました。一般的な不安感は、気分が良くなりませんでした。
今は見守るだけで、大きな男の子に市場を落ち着かせようと思います。

しかし、仮想通貨コミュニティのほとんどのオブザーバーは、SECの最新の動きに落胆を表明している。

ブロックチェーンの分析を提供するサイトMessari(メサーリ)の創設者であるライアン・セルキス(Ryan Selkis)氏らは、SECの行動は米国投資家にとって最善の利益ではないが、おそらく政府機関の指導者によって個人的な政治的権力を握っていると主張している。

コインベースCEOが新サービスに対してSECが圧力を受けたと明かす

2021.09.08

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。