シンガポール中央銀行、複数CBDCを使用したシームレスな国際間決済のためのブロックチェーンテクノロジーを模索へ

シンガポール中央銀行が新ブロックチェーンプロジェクトを開始

MAS(シンガポール金融管理局)であるシンガポール中央銀行は、CBDC(中央銀行の発行するデジタル通貨)を使用し、国境を越えた支払いのプロセスを合理化するための新しいブロックチェーンベースのプロジェクトを開始した事が分かった。

MASは、同じくCBDC開発に関心のある他の中央銀行のコンソーシアムで構成されるBIS(国際決済銀行)と協力し、「Dunbar」と呼ばれるプロジェクトに取り組んでいる。このプロジェクトDunbarは、BISの下でCBDCが関与する同様のプロジェクトに関する以前の実験に基づいて開発される。MASは2021年7月、MASとフランス銀行の間の国境を越えた移転取引のシミュレーションに成功。この実験の結果、クォーラム(※1)を介してシンガポールドルCBDCがユーロ(EUR)にほぼ瞬時に変換されている。

(※1)クォーラム(Quorum)とは…
分散システムにおいて、分散トランザクションが処理を実行するために必要な最低限の票の数で、処理の整合性をとるために実装される物を指す。

クォーラムは、JPモルガンのチェース開発者によって作成され、2020年8月にイーサリアムベースの開発者コンセンシスによって買収されたイーサリアムフォークである。この実験は、JPモルガンのブロックチェーンおよび支払いインフラストラクチャー部門であるOnyxによってもサポートされたうえで実施された。

CBDCブロックチェーンベースの国境を越えた決済プラットフォーム

BISによると、今プロジェクトの目標は、より効率的で費用効果が高く、アクセスしやすい国境を越えた支払いプラットフォームを作成することである。また、これによって最低所得レベルの市民もグローバルな経済参加が可能になる。

同プロジェクトが成功した場合、Dunbarは、共通のプラットフォーム上で複数の中央銀行を接続し、24時間年中無休で相互に直接やり取りできるようにし、国境を越えた即時支払いを促進して行くとのこと。シンガポールのBISイノベーションハブのセンターヘッドであるアンドリュー・マコーマック(Andrew McCormack)氏は、ダンバーは共有CBC決済プラットフォームの力と有用性を説明することも目的としていると明かしたうえで、次のように語っている。

単一のグローバル決済プラットフォームは非常に効率的で、一元化された清算と決済により、消費者が即座に、多くの場合無料で国内支払いを行えるようになったのと同じです。


MASのCBDCイノベーションへの取り組み

Ubinプロジェクトとカナダの中央銀行プロジェクトJasperのコラボレーションにより、シンガポールの地方銀行からカナダの別の銀行への国境を越えた支払いが成功している。ただし、この実験では、両方の中央銀行が独自のネットワークを使用し、シンガポールはクォーラムブロックチェーンに、カナダはコーダブロックチェーンに使用されている。

MASのチーフフィンテックオフィサーであるソプネンドゥ・モハンティ(Sopnendu Mohanty)氏は、フランスとの共有プラットフォームでの7月の実験を画期的であり、CBCDベースの国境を越えた支払いにおける次世代のイノベーションに拍車をかける可能性があると述べている。McCornackはまた、Zelleのようなプラットフォームが国内での資金移動をほぼ無料にしたのと同じ方法で、共有CBDCプラットフォームが国境を越えた支払いにも同じこができると語ったうえで次のように述べた。

地域決済プラットフォームは、異なる通貨での直接取引を可能にし、(外国為替)流動性を改善し、より速く、より安価な地域支払いを可能にします。

なお、Dunbarプロジェクトの他の公式パートナーは、2021年9月2日に発表される予定とのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。