Huobiがカナダ拠点のユーザーへサービス提供を停止|EDはWazirXに原因通知を送信

Huobiがカナダ拠点のユーザーへサービス提供を停止

セーシェルに拠点を置く仮想通貨取引所Huobi(フォビ)が、カナダを拠点とするユーザーにサービスの提供を停止させる事が分かった。

人気仮想通貨取引所のHuobiが、カナダに拠点を置く自社ユーザーに対し、サービス提供を停止する事を発表。Huobiは2021年末までにポジションを閉鎖し、仮想通貨撤回するようにユーザーに求め、次のようにアナウンスしている。

残念ながら、コンプライアンス上の理由により、カナダを拠点とするユーザーにサービスを提供できなくなりました。あなたがその1人である場合は、2021年12月31日までに、すべてのアクティブなポジションをクローズし、すべての資産を撤回してください。


Huobiによるユーザー制限が加速

Huobi Globalはユーザー契約を更新し、中国本土、台湾、中国、イスラエル、英国、およびその他のいくつかの国の小売ユーザーが提供する「デリバティブ取引」サービスの使用を制限している事を公表。

さらにHuobiはカナダのほかにも、米国、香港、日本、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリア、ベネズエラ、クリミアからのユーザーも制限している。以前同取引所は、カナダのKYCまたはカナダのIPアドレスを持つ新規ユーザーの取り込みを一時的に停止していたが、現在では、カナダの法律を遵守するために、制限区域の一つに含まれた。

狭まる中国系仮想通貨取引所への包囲網

先月、Binanceは、世界中からの規制の監視に直面しているため、「コンプライアンスの取り組み」のために、カナダのオンタリオ州のユーザーへのサービスも制限。

The Straits Timesとのインタビューで、最高経営責任者兼創設者であるジャオ・チャンポン(趙長鵬:Changpeng Zhao)氏は、この規制地雷原をナビゲートすることが今後の最大の課題であると述べている。そのため、Binanceは各管轄区域が実施しているさまざまな要求に合わせてプロセスを調整しなければならない状況にある。また、2019年11月にBinanceが買収し、子会社となったインドの仮想通貨取引所WazirX(ワジールX)は、2,790.74ルピー(約4,100円)の取引に関連し、外国為替管理法に違反したとして、今週、ED(Enforcement Directorate=インド執行局)から原因通知を受け取っていたことが分かった。

EDは、ユーザーが規制当局の直接の監視なしに国境を越えた支払いを行えるようにするインドを拠点とする取引所の機能に疑問を呈し、次のように語っている。

これらは外国為替規則に違反して実行されました。WazirXのプラットフォームにより、クライアントは適切なドキュメントなしで暗号通貨を転送できるようになり、ロンダリングのルートになりました。このお金が安いお金(安いお金は低利のローン)や汚れたお金(違法行為に使われる)ではないことを確認する必要があります。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。