アイスランドで発生したマイニング機器盗難容疑のグループが逮捕

アイスランド警察が地元のマイニング機器を盗むための計画、盗難、窃盗の容疑で7人を逮捕したと10日、仮想通貨関連の情報サイトBitcoin.comが発表した。
容疑者たちによる盗難被害額被害額は87万1,000米ドル以上となり、アイスランド検察によって拘束された。更に3つのマイニング企業からは170万ドルの損害賠償が科せられている。

シンドリ・ソー・ステファンソンら7人は2017年12月5日にアルグリムコンサルティングから100ものマイニング機器を強奪しており、以来著名なビットコインマイニング企業に盗みに入っていたと見られていた。しかしボレアリス・データセンター(BDC)マイニングに盗みに入った時には警報の作動により失敗している。
その後もステファンソンらはBDCマイニングに度々盗みに入っているが失敗に終わった。

なおステファンソンらは最初に強奪に成功したアルグリムコンサルティングや計画的に内部に人員を派遣したアドバニアマイニングでの強奪の他に、BDCマイニングに対する強奪や陰謀の容疑も課されている。

なおアイスランド検察官に由来する裁判所文書を翻訳した報告書によると、逮捕された7人はマイニング機器以外にも兵器やコカインの盗難容疑などでも摘発されており、罪状は合計10になる。

この記事のURLをコピーする