トルコ財務副大臣、仮想通貨法案フレームワークが10月に議会に提出される予定

トルコの仮想通貨法案の枠組みが完成

トルコのサーキル・アルキャン・ギュル(Şakir Ercan Gül)財務副大臣は、当局が仮想通貨の規制の枠組みを備えた法案を完成させ、2021年10月に議会に提出することを明らかにした事が分かった。

ギュル財務副大臣は、アジアの国が西ヨーロッパや米国から学ぶ必要があると意見を述べ、仮想通貨に対し、より厳しい規則を実装する必要があると考えている事を明らかにした。同財務副大臣は、当局が適切な仮想通貨規制モデルの作成を完了させたことを発表。提案された法案は、マネーロンダリング(資金洗浄)の防止、投資家保護の強化、デジタル資産取引の管理を目的として作成されたと述べた。同副大臣は、2021年10月の議会に提出されると主張。トルコはヨーロッパとアメリカを例として取り上げる必要があるが、それでもそれらよりも厳しい立法府を実施する必要があるとして次のように語った。

私たちは自由な為替相場と為替相場制度を備えた国であるため、もう少し厳しい規制を導入しています。西ヨーロッパとアメリカには無料のメカニズムがあります。もう少し厳しい規制をもたらします。自由な為替相場のある構造で、多かれ少なかれ西ヨーロッパやアメリカのような規制を作らないでください。

提案された法案は、さまざまな種類の仮想通貨の発行と配布、およびトレーダーが従わなければならない原則を定義しており、資本市場委員会はデジタル資産を扱う企業を監督するとのこと。同法案では最低資本要件が導入され、新しい規則は当局によって十分な適応時間を与えられる予定とのこと。

規制は仮想通貨にとって健全な可能性

仮想通貨マイニング会社Bitmainの創設者で元CEOのジハン・ウー(JihanWu)氏は最近、デジタル資産に関する適切な立法の枠組みが必要であり、業界にとって有益であると意見を述べ、規制は詐欺師の違法行為を大幅に減らし、スペースをより安全にするとして次のように語っている。

規制圧力は以前よりも強くなっていると思いますが、業界から多くの悪意のある人物を排除し、業界の評判がそれなしよりもはるかに優れていることを確認します。したがって、この種の取り締まりは、長期的には業界にとって良いことかもしれないと思います。

米国初の仮想通貨銀行として知られるAvanti(アバンティ)のケイトリン・ロング(Caitlin Long)CEO(最高経営責任者)もこの件について、「ベースレイヤーはブロックを追加し続ける」ため、規制の取り締まりがビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、その他のデジタルコインに直接影響を与えることはないとの考えを明かしている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。