金融庁がDeFiの「メリットと機会」に関する規制を求め、取り組み開始

金融庁がDeFiの規制を求め、取り組み開始

日本の金融庁が、FinTechに関する最新のレポートを発表し、DeFi市場のルールの重要性に取り組んでいることが分かった。

金融庁は、45ページにわたる「FinTech Innovation Hub活動報告 第2版」を公表。その中で、システムが提供する「メリットと機会」に注目し、DeFiが既存の規制からどのように逃れることができるかについての懸念を表明した。

日本の仮想通貨市場はビットコインの誕生から活況を呈しており、約350万人の市民が仮想通貨の取引をしている。また、2020年10月から2021年2月にかけての月間取引額は7,300万円から4億1,700万円に増加。2021年3月の仮想通貨預金も過去最高を記録しており、その額は前年の7倍にあたる1兆4,100億円に達している。

この急激な上昇により、日本国内の仮想通貨ベンチャーが繁栄することができたほか、大企業はビットコインやその他の仮想通貨を合法的な支払い手段として受け入れている。実際、この分野でのこの地域の重要性が高まる中、先月、アメリカの取引所Coinbaseも日本市場への参入を確保している。

このような包括的環境は、日本の初期の規制措置によってのみ存在する可能性があり、PSA(決済システム監視法=支払いサービス法)に基づき、仮想通貨を法的財産として認識した最初の国となった。取引所も、指定された基準に基づいて金融庁に登録することを条件に、国内で合法化されている。最近BinanceBybitが直面しているように、コンプライアンス違反は厳格な影響をもたらす可能性もある。日本のテクノロジーに対する長い試みによって、日本は仮想通貨規制の面で先駆者となれたのである。

金融庁による包括的な模索

5月の初めに、日本銀行はDeFiとそのガバナンスに取り組んだ別のレポート「暗号資産における分散型金融-自律的な金融サービスの登場とガバナンスの模索-」を発行している。

同レポートは、全国でDeFiの採用が急速に増加する可能性があると結論付けており、金融商品やサービスへのアクセスを改善しながら、新しい金融サービスの作成を通じて新しい世代のニーズに応えるものとなっている。

ただし、スマートコントラクトの失敗やレバレッジ契約の場合、規制の必要性にも対処している。DeFi規制は、銀行や他の仲介業者とは異なり、これらの機関が責任を問われないため、世界中で注意が必要である。さらに、新しいツールや製品が定期的に登場するため、規制機関はその急速な普及と拡大に追いつけない。

DEFI PULSEより画像引用

なお、大規模な市場修正が一時的にその成長を停滞させる一方で、上記のチャートは、昨年のDeFi投資の大幅な急増を強調している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。