マイケル・セイラ―氏は弱気相場の今、「ビットコインが活気づいている」と語る

ビットコインが活気づいている

世界の仮想通貨市場は、最近1週間でかなり不安定になっており、ビットコインを含め、ほとんどのコインはレッドゾーンにまで下落。そのような中、マイケル・セイラ―氏は、ビットコインが活気づいていると語った事が分かった。

5月21日(金曜日)、ビットコインは40,000ドルをはるかに超えて振動することで回復の兆しを見せたものの、下げ圧力には勝てず、31,000ドルまで下がった後、33,000ドルにまで回復。現在の大クラッシュは、記録を更新した今年の最高値である70,000ドルから-50%にまで暴落している。先行きも不透明で、ユーザーにとって不安が色濃くなるなか、MicroStrategy(マイクロストラテジー)のマイケル・セイラ―(Michael Saylor)CEO(最高経営責任者)は、仮想通貨についてかなり強気であり、次のように語っている。

ビットコインが活気づいています。これは、機関投資家向けの安全な資産です。

実際のところ、10,000~100,000のBTCを所有する事業体が保有する供給は、5月18日(火曜日)、1,450,000の範囲から1,600,000の範囲に急激に上昇し、翌日も北上し続けた。IACのバリー・ディラー(Barry Diller)会長は、仮想通貨についての見解を次のように語っている。

“将来の”投資家にとっては危険であると考えていると主張。仮想通貨について私に尋ねることはできません。それは短所だと思います。ええ、絶対に!


ビットコインは時々全てを修正する

ディラー会長の主張にもかかわらず、ビットコインの短期的な利益は注目に値する。Compound CapitalAdvisorsのチャーリー・ビレロ(Charlie Bilello)氏は最近、最大の仮想通貨の4月中のYTD(Year-to-Date)リターンは95%であったものの、S&Pの同じものはわずか12%であると指摘し、全体像について次のように語っている。

ボラティリティとは、10年間でS&P指数を10倍上回るために支払う価格です。

テスラのCEOであるElon Muskは、最近のツイートでビットコインの価格を引き起こし続けたインフルエンサーであることはすでに多くの仮想通貨ユーザーが知っている。セイラー氏はマスク氏が過去数日間のビットコインの売却を引き起こした触媒であるとは考えておらず、次のように語っている。

彼は私と同じように熱心で、再生可能エネルギーと環境のグリーン化に熱心であり、ソリューションの一部になりたいと考えています。彼はビットコインコミュニティが彼と協力することを望んでいます。また、ビットコインは、私が言うように時々すべてを修正します。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。