アリババ、ビットコインで200億ドルを購入したと噂が流れる

アリババがビットコイン購入に200億ドルを費やしたと噂

中国に本拠を置く電子商取引会社Alibaba(阿里巴巴/※以下、アリババと表記)がビットコイン購入に200億ドル(約2兆1,930億円)を費やしたと噂が流れていることが分かった。

主にSNS上で、Eコマース大手が自社のためにビットコインをかなり費用を費やして獲得したと噂が流れている。この噂は、中国のハイテクコングロマリットAlibabaGroup HoldingLtdのエグゼクティブチェアマンであるジャック・マー(Jack Ma)氏が率いる同社の2021年第1四半期の決算報告が5月13日(木曜日)に市場に出るという同社の発表を受けて、噂が広まったとみられている。AlibabaGroup HoldingLtdは、米国市場が再開する前に、第1四半期の決算を発表することを発表。未監査。決算発表が行われる電話会議は、同日の香港時間午後7時30分(日本時間:20時30分)に発表される前に実施される。

他のすべての四半期財務レポートと同様に、今年最初の期間における会社の成長を反映した重要な合計値が含まれることが予想されており、仮想通貨コミュニティのメンバーは、噂が真実であり、購入スピードがはるかに早い場合、同社がビットコインの返品をリストしていることを期待している。ビットコインコミュニティメンバーの一人であるCNBCのRanNeunerはまた、噂が真実であると示唆しており、興味深いことをツイートしている。

アリババのジャック・マー会長が資産にバブルのブランドを付けていたとしても、アリババがビットコインを購入した可能性があるとの見方が大半だ。JPモルガンや他の多くの主流企業のような企業は顧客にビットコインサービスを提供し始めている。ジャック・マー氏がどのような企業戦略を立てているのか、ビットコイン保有か否かによっても見えてくるものが違ってくる打だけに、当分目が離せそうにない。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。