JPモルガン、ビットコインの勢いが崩壊する可能性があると警告

ビットコインの勢いは衰える

JPモルガンのストラテジストが、ビットコイン(Bitcoin/BTC)が再び6万ドルを越えなかった場合、ビットコインの勢いは崩壊する可能性があると警告していたことが分かった。

JPモルガンのニコラス・パニギルゾグロウ(Nikolaos Panigirtzoglou)マネージングディレクターは、過去1年間にビットコインのこのようなマイナスの価格行動を見たと語っている。このような価格行動がみられている場合、買い手はより深刻なスランプを防ぐために時間内に戻ることができたものの、今回はより大きな懸念を感じていると報告している。

パニギルゾグロウ氏主導の調査によると、ビットコインがすぐに再び60,000ドルを越えて回復しない場合、勢いが崩壊する可能性があると語った。同氏は、商品取引アドバイザーと仮想通貨ファンドが最近の長いビットコイン先物の蓄積の背後にある可能性が高いと述べ、次のように語っている。

過去数日間、ビットコイン先物市場は、昨年2月中旬、昨年1月中旬、昨年11月末と同様の方法で急な清算を経験。勢いのあるシグナルは、まだ上昇しているレベルを考えると、ここから数カ月間、自然に減衰します。全体的なフローインパルスは、ビットコインが主要なしきい値を超えてすぐに発生するのに十分な強さであり、モメンタムトレーダーによって位置がさらに蓄積されました。

JPモルガンのストラテジストによると、これが再び起こる可能性ははるかに不確実であり、すでに運動量の減衰がより進んでおり、逆転するのが難しく、ビットコインファンドへの流入が弱いように見えると述べている。また、と

以前の勢いの懸念

2020 年11月のビットコインのネガティブ価格動向に関して、パニギルゾグロウ氏は、勢いのあるトレーダーについても懸念を表明している。

懸念するトレーダーの中でも、ビットコインファンド、特にグレイスケールビットコイントラストを強調している。同氏はグレイスケールビットコイントラストが今後数週間にわたって追加の流入を受け取らなかった場合、機関投資家がビットコインを受け入れるという考えに疑問を投げかけるだろうと述べている。現在、グレイスケール(Grayscale)の運用資産総額は108億ドル(約1兆1,600億円)から449億ドル(約4兆8,500億円)に増加しており、グレイスケールビットコイントラストは90億4900万ドル(約9,772億円)から3兆6,176億ドル(約390兆円)に増加している。

1兆ドルのビットコインサポート

ビットコインの時価総額は、過去数週間で世界最大のデジタル通貨を強力にサポートする役割を果たした。

ビットコインのチェーン上の活動は、1兆ドルの時価総額を大幅に上回っており、ビットコインアアナリストのウィリー・ウー(Willy Woo)氏はTwitterで次のように語っている。

この低価格の再検討により、ビットコインの価格検証は約1兆ドルと非常に強力になりました。供給の14%は、最後に1兆ドルの時価総額を上回りました。これは、BTCの価格発見における重要なラインであり、計り知れないサポートの領域です。

CoinMarketCapの調べによると、4月22日現在の、ビットコインの時価総額は1BTC=5,820,000円(53,900ドル)台を推移しており、前日同時刻比、-3.73%、1週間で-13.86%、時価総額が108兆8,248億円(1兆76億円)と、一時は113兆円を超える時価総額で過去最高記録から5兆円の減少である。ただし、最近の落ち込みにもかかわらず仮想通貨は過去15週間でほぼ90%上昇している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。