IBMと特許市場IPwe、特許をNFTに変える計画

IBMとIPweが特許をNFTに変える計画

ビッグブルーの愛称で広く親しまれている巨大コンピューター関連企業のIBMと、世界の特許取引プラットフォームIPweは、特許をNFT(非代替トークン)に変えることを計画していることが分かった。

4月20日(火曜日)、IBMは特許を代表するインフラストラクチャーを構築することにより、NFTまたはデジタル資産としての特許の代表を開始する計画を発表。両社は、NFTが特許をより簡単に販売、取引、収益化できるようにし、この資産クラスに流動性をもたらすと述べた。

また、IPweもほぼ同じころに同ニュースを発表しており、エリック・スパンゲンバーグ(Erich Spangenberg)CEO(最高経営責任者)は、仮想通貨メディアTheBlockのインタビューに対して次のように語っている。

NFTを所有権の証明書と考えてください。特許を表すためにNFTを使用すると、知的財産と対話するためのまったく新しい方法を作成するのに役立ちます。特定の特許のためにNFTとやり取りする人々は、NFTが存在し、誰がそれを所有しているのか(を知ることができ)安心できます。所有者がNFTの所有権を売却または分割したい場合は、分割もできます。

なお、NFTはIBMブロックチェーンを搭載したIPweのプラットフォームに保存されるとのこと。NFTトークンは、画像やビデオなどのデジタルコンテンツに関連付けることができ、暗号的に一意のデジタルアセットであり、あらゆる種類のコンテンツをNFT(この場合は特許)に添付できる。知的財産はこれまで、管理・評価・取引が困難であり、この分野へのNFTの導入はそれを変えることが期待されている。スパンゲンバーグCEOは、重要知的財産を持つ大企業だけでなく、中小企業、さらには個々の知的財産所有者にも新しい機会をもたらすことが期待されていると述べている。

なお、NFTはIPweプラットフォームに保存および共有され、IBM Cloudによってホストされ、IBMのブロックチェーンによって強化されます。

IPweとIBM

IPweとIBMが企業として協力したのはこれが初めてではない。

両社は、3年間にわたって相互協力し、IBMのブロックチェーンの経験をIPweプラットフォームに適用してきた過去がある。IBMサービスのグローバル戦略パートナーシップのジェイソン・ケリー(Jason Kelley)ゼネラルマネージャーは、IPweとIBMの取り組みについて、次のように述べている。

業界全体を変革する可能性のあるブロックチェーン機能とデジタル資産を活用した成果を推進するための主要なイノベーターとのコラボレーションのもう一例です。

IPweは、プラットフォーム上のトークン化された知的財産が今年の第4四半期に「商用利用可能」になると予想している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。