ブロックチェーンプラットフォームKlaytn、OpenSeaとの統合を発表

KlaytnがOpenSeaとの統合を発表

韓国のインターネット大手Kakao(カカオ)によるパブリックブロックチェーンプラットフォームであるKlaytn(クレイトン)は、最近、最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaとの統合を発表した。

KlaytnとOpenSeaの統合によって、Klaytnはゲームアイテムからデジタルアートキャラクターまで独自のNFTをリリースできる。公式プレスリリースによると、Klaytnを搭載したNFTのピアツーピア取引は2021年6月末までに開始されルトのことで、統合に際し、OpenSea公式ブログでは次のようにコメントしている。

KlaytnベースのNFTがOpenSeaに登場することを発表できることを嬉しく思います。Klaytnユーザーは、最終的にKaikasウォレットを使用してOpenSeaアカウントに接続し、KLAYを使用してKlaytnベースのNFTの取引を開始できるようになります。


Klaytnのウェブブラウザー拡張ウォレットと同期

ユーザーは、OpenSeaアカウントをKlaytnのウェブブラウザー拡張ウォレット(Kaikas wallet)と同期させる必要があり、同期させることでユーザーは、KlatynのネイティブブロックチェーントークンKLAYを使用してNFTを簡単に売買できる。Klaytnの開発を率いた GroundXのジェイソン・ハン(Jason Han)CEO(最高経営責任者)は次のように述べている。

OpenSeaでのKlaytnのサポートは、私たちのエコシステムにはるかに幅広いオーディエンスと対話する機会を提供します。Klaytnで興味深いデジタル資産をさらに探索することを楽しみにしています。


NFTマーケットプレイスへの参入

これまでKakaoのKlaytnプラットフォームは、ブロックチェーンテクノロジーの大量採用を推進するために取り組んできた。

OpenSea より画像引用

Klaytnは、選択されたコンセンサスアルゴリズムとしてPBFTを使用したハイブリッドブロックチェーンであると考えられており、KlaytnはSolidityのコントラクトをサポートし、Ethereum開発者のスムーズな移行、簡単な利用、Solidity開発ドキュメントとツールの移植を可能にしている。同プラットフォームは、幅広いアプリケーションに対応できる、高速かつスケーラブルなソリューションの構築に積極的に取り組んでおり、大企業だけでなく規模の小さなスタートアップ企業にも適したアプリケーションが含まれている。

Klaytnプラットフォームの効率的でハイブリッドな設計は、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの両方の長所を組み合わせており、OpenSeaのデヴィン・フィンザー(Devin Finzer)CEOは次のように述べている。

Klaytnブロックチェーンとその成長するNFTコミュニティをサポートすることで、主流の視聴者でさえKlaytnのユニークなデジタルアイテムや商品を体験できるブロックチェーンスペースが強化されると信じています。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。