Ethereum2.0ステーキングプロトコルStakeWise、200万ドルを調達=ガバナンストークンを発表

StakeWiseがDeFiトークンSWISEを発表

DeFiプロトコルStakeWiseが3月9日(火曜日)、200万ドルの民間資金調達の成功と、ガバナンストークンであるSWISEのリリースを発表した。

Greenfield Oneと個人投資家のネットワークは、StakeWiseのガバナンストークンの立ち上げを開始するため、200万ドルのプライベートラウンドを主導。Collider Ventures、Gumi Cryptos、Lionschain Capital、そして多くの個人投資家などが同ラウンドに参加した。

StakeWiseはSWISEのリリースでガバナンスの民主化を目指す

StakeWiseはリキッドETH2ステーキングを提供し、ユーザーがロックされたETHをDeFiで引き続き使用できるようにするという。プロトコルは現在、ガバナンストークンをリリースすることにより、ガバナンスを民主化しようとしている。

StakeWiseプールに預けられた最初の25,000ETHは、SWISEトークン供給の2%の分配の対象となり、ユーザーは、プールにデポジットするETHの量に比例してSWISEを請求できる。初期のスタッカーは、利用可能なSWISEの約3分の1をすでに要求している。

イーサリアム2.0のステーキングは、Ankr、Rocketpool、MyEtherWallet、Lidoなどの主要プレーヤーと非常に競争力があり、StakeWiseは、歩留まり戦略の最適化、使いやすさ、透明性のあるDAOガバナンスを際立たせることを強調している。StakeWiseは、DAOメンバーがオラクル、ノードオペレーター、およびStakeWiseの料金体系の選択に責任を持つことを発表し、共同創設者のドミトリ・ツマック(Dmitri Tsumak)氏が次のように語っている。

投資は、StakeWiseが1,400人の参加者による7カ月のベータテスト期間の後、メインネットのリリースに近づくにつれてもたらされます。私たちのトケノミクス(※1)とガバナンスの原則の選択は、最初から採用したコミュニティファーストの姿勢を反映しています。StakeWiseをプロトコルにしたことで、ユーザーは高い利回りを獲得し、賭けた資本を比類のない方法で管理できるようになりました。これを早期に認識した人は、私たちのネットワークに賭けることで最も利益を得るでしょう。

(※1)トケノミクス(tectonics)とは、仮想通貨がどのように機能するかという意味である

なお、報酬は預け入れた金額に比例すると同社は述べたほか、StakeWiseは、他のEth2.0ステーキングプラットフォームよりも優れていると主張している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。