ロシア議員は、暗号資産を全面禁止する法案を提案=政府系メディアが報道

ロシア議員は、暗号資産を全面禁止する法案を提案=政府系メディアが報道

ロシアの政治家は、国民が暗号資産を使用することに対して厳しい対応を検討しているようだ。ロシア政府系のニュース専門局RT(ロシア・トゥデイ)の報道によると、ロシア議会の下院議員は、暗号資産を使用することが全面的に禁止され、さらには最高200万ルーブルまたは7年の懲役に科される可能性があることを報じた。

事実、ロシア政府は暗号資産を禁止する方針であることが判明している。ロシアのチェルニシェンコ副首相がプーチン大統領へ送った手紙によると、ロシア連邦安全保障局(FSB)が支払い手段として、暗号資産の使用を禁止する方針であることが分かっている。

これらの規制について一部のアナリストは、法的に暗号資産を全面禁止することはないが、これらの動きは実質的な暗号資産の禁止に相当すると見解を示している。しかし法律が決まった場合、ロシアでの暗号資産の使用または、マイニング、取引所での売買、法定通貨との交換は違法となる。

また報道によると、金融資産法案が改正される場合、個人に対して暗号資産で大きな収益をあげる人物に対しては、5万ルーブルから50万ルーブルの罰金を提案しているという。さらにこの法案では、ロシアにおける違法な取引の実行者やそれらに関連していた人物へは、200万ルーブルの罰金を検討しているという。

このようにロシアでの暗号資産の禁止は過激化しており、同国の国民はロシア政府がどの方向へ進んでいるのか困惑した状況になっている。ロシアの暗号経済学とブロックチェーン協会(RACIB)の会長であるユーリ・プリパチキン氏は、「提案された法律は国の暗号通貨の完全な禁止につながる」とロシアメディアRBCに語っている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。