インドネシアで米ペッグステーブルコインを発売中

インドネシアで米ベースステーブルコインが発売

インドネシアの東ジャワ・マランの共同組合PenjagaLilin Nusantaraは、Ricetron(ライストロン)から、TronベースのDeFi設定によるステーブルコインを発売されたことが分かった。

Ricetronは、仮想通貨愛好家を招待し、RIC(Rice Inventory Coin)ステーブルコインに資金を提供するガバナンストークンであるTronとミントRET(ライスエコノミートークン)を賭けることを目的としている。


Rice Economy Token DeFi「What is RICETRON ?」
より動画引用

※動画は英語で放映されており、日本語訳が必要な方は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリックし、次に「設定」をクリックして表示されたメニューの中から「字幕」→「自動翻訳」→「日本語」の順に設定すると大まかな日本語訳が表示されます。

RETトークン保有者は、すべての取引手数料の30%とRIC DeFiの利益分配の恩恵を受けることで、実行中のDeFiプラットフォームは、配当をRETトークン保有者ウォレットに分配するとのことだ。

総供給量は269,000RETで、ステーキングによって鋳造されたのはわずか190,000RETのみだ。これはトロンベースのTRC-20トークンであり、TRXブロックチェーンを使用。イーサリアムベース(ERC系)トークンと比較して、トランザクションの速度と料金がはるかに優れているのが特徴だ。

インドネシアはBULOG(国営物流会社)を利用して、主にコメを中心とした定番価格を安定させている。しかし、同国内ではデータ読み取りスキルが不足しており、BULOGは毎年3万トンの腐敗米を浪費させている現実がある。この腐敗米は、インドネシア政府の年間予算、約3,000万ドルに相当するというから大量だ。RicetronのCOO(最高執行責任者)であるビクトリーヌス・ウィディアント(Victorinus Widyanto)氏は次のように述べた。

全体のアイデアは、スティーブン・ヘンリー・ラハルジョ(Steven Henry Raharjo)協同組合前会長との会談から生まれました。ラハルジョ氏の協同組合はコメ貯蓄プログラムを持っており、このプログラムで彼はそのメンバーの価格を安定させてきた。それに加えて、ライスセーバーは年末に追加のコメを手に入れることができ、それ以上のお金を使わずにザカートとそれを必要とする周囲の人々に寄付をすることができます。


インドネシア国内問題をステーブルコインで解消へ

インドネシアのBULOG問題と組み合わせ、協同組合はプレミアムグレードのライスをトークン化し、最近の仮想通貨のブルランを利用するというアイデアを思いついたとのこと。米ベースのステーブルコインを作成することにより、人々は米、特にBULOG米へアクセスしやすくなるという。

さらに、RICではDeFiの貯蓄と担保に変換することもでき、期限のないBULOGのバウチャーに裏打ちされているため、交換時にRIC保有者が新鮮な米を購入できることが保証される。仮想通貨はプレミアムグレードの米1Kgに相当し、将来的にはさまざまな米グレードで、より多くの米ペッグステーブルコインが発売される予定とのことだ。

同プロジェクトは、消費者ベースのデータの作成、代理店のコメ調達の最適化、政府の予算損失を毎年削減する事に焦点を合わせており、BULOGにもメリットをもたらす。Ricetronのエカ・スワンダナ(Eka Suwandana)CTO(最高技術責任者)は次のように述べた。

RETは、将来の協力プロジェクトのアンカートークンとしても使用されます。そのため、人々はRETを賭け、将来のプロジェクトに資金を提供するために参加できます。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。