米国財務省、ステーブルコイン認可が米国銀行に門戸を開く

米国財務省はステーブルコインの許可を与える

米国財務省は、銀行にステーブルコインインフラストラクチャー(下部構造)を提供し、取引を受け入れる許可を与えた。

米国財務省は今回、規則を明確にしたうえで、国内の銀行がステーブルコインネットワークと取引に参加することを許可した。この動きによって銀行は、ドルに関連付けられた仮想通貨を使用して、国内のインフラストラクチャーを必要とせず、オンラインおよび国境を越えたトランザクションを高速で実行できるようになる。

ステーブルコインは、ドルや商品などの別資産に固定されることで、激しい変動を回避するように設計された仮想通貨だ。これらは他の仮想通貨と同じブロックチェーンテクノロジーを使用しており、各ユーザーはインデックスをホストしてピアツーピアネットワークを作成し、トランザクションを検証して保有監視できる。

財務省からの最近のアクションにより、アメリカ最大の銀行が含まれる可能性があるとみられている。

OCC Letter on Banks Using S… by CoinDesk

通貨監督庁からの1月11日(月曜日)の発表によると、米国の金融政策の実施を担当する人々は、銀行がステーブルコインネットワークに参加したり取引を完了させることが許可されていると明らかにし、発表の中で次の様に述べている。

銀行の主な役割は、金融仲介機関として機能し、経済のさまざまな部分の間でお金と信用の流れを促進することだ。経済の進化する金融ニーズにより、銀行は独立したノード検証ネットワークを使用して金融機能を実行する必要がある。

米国財務省による改革かがもたらしたもの

仲介者の役割は、非常に多くの人々が歓迎しており、連邦準備制度は真のデジタルドルに必要なインフラストラクチャーの作成に時間がかかり、他の国々がオンライン取引に向けた第一歩を踏み出せた。

この明確化により、米国経済に参加するすべての人がFRB(Federal Reserve Board=連邦準備理事会)を待つ必要がなくなる可能性がある。銀行は米ドルに関連付けられたステーブルコインを完全取引できるため、米国の法定通貨をデジタル時代に持ち込むために必要なインフラストラクチャーを独自に作成できる可能性がある。

専門家は、これらの大規模な機関の仮想通貨市場への参入が、一般個人にとって問題を意味する可能性があるという懸念を和らげている。Fundstrat GlobalAdvisorsのストラテジスト(仮想通貨投資戦略家)であるデビッド・グリダー(David Grider)氏は火曜日、ブルームバーグの取材に対し、今回の変更が仮想通貨の価格に大きな影響を与えるとは予想していなかったと語った。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。