ヨーロッパ老舗銀行、ユーロステーブルコイン「BVDH」を発行

ヨーロッパ老舗銀行、ユーロステーブルコイン「BVDH」を発行

ヨーロッパで最も古い銀行のひとつであるBankhaus von der Heydt(BVDH)は、ステラ(XLM)ネットワーク上でユーロに1:1で裏付けられたステーブルコインを発行したことが分かった。

12月9日のステラが発表した内容によると、ユーロステーブルコイン「EURB」は、BVDHがトークン化とデジタル資産保管技術のプロバイダーであるBitbond(ビットボンド)と提携し、ステラブロックチェーン上で開発されたという。開発されたステーブルコインは、完全に規制されており、ユーロに1:1で裏付けられているが、顧客への周知義務のため、仮想通貨取引所での公開取引はできない仕組みとなっている。

また、顧客がステーブルコインの取得を希望する場合は、法定通貨をBVDHのエクスクロー口座に保管することでEURBを発行することが可能になる。発表デェあ、金融アプリケーションの開発者は、資産移転をオンチェーンで決済するため、トークンをすぐにでも使用することが可能であると説明している。

さらに、Bitbondが構築した基盤となるプラットフォームは、トークンをバーンしたり、造幣できる仕組みが採用され、これらのステーブルコインのセキュリティの完全制御についてはBVDHが担当することになるようだ。

1754年に設立されたBVDHは、伝統的に証券化関連の取引で機関投資家を中心にサービスを提供してきた。またStellarとBitbondの採用を選択した理由については、分散型台帳技術(DLT)を約1年かけて模索した結果であると説明され、BVDHのマネージングディレクターであるPhilipp Doppelhammer氏は、次のようにステーブルコイン使用の可能性についてコメントしている。

我々がBitbondとStellarに惹かれたのは、ネットワーク上で資産の発行と管理が容易なことが理由です。EURBの最初の使用例は、ブロックチェーン決済会社であるSatoshiPayの企業顧客向けの「国境を越えた送金」になるだろう。

さらに続けて、BVDH事業開発マネージャーのLukas Weniger氏は、「これまでのステーブルコインをバックアップする完全にライセンスされた銀行がないことが主な不足点である」と指摘。Bitbondの創設者でCEOのRadoslav Albrecht氏も同様に、銀行が発行するステーブルコインのメリットについて、次のように述べている。

銀行は通常、背後にある潜在的なカウンターパーティーリスクのために、Tether(USDT)やUSDCのようなステーブルコインを使用することに抵抗を感じるでしょう…銀行が発行したステーブルコインを好んで使用しており、機関投資家も同様です。

実際に、ドイツの規制当局である連邦金融監督庁は既に、Bitbondがステラブロックチェーン上でトークン化された債券を発行することをすでに承認している。また同国では今週初め、ドイツの民間銀行Hauck & Aufhäuserが、2021年1月1日に初の仮想通貨ファンド「HAIC Digital Asset Fund I」のローンチを発表しており、これにはBTC、ETH、XLMなどが含まれている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。