Synthetix(シンセティクス)、攻撃を受け「3700万sETHトークン」を失う

Synthetix(シンセティクス)、攻撃を受け「3700万sETHトークン」を失う

仮想通貨イーサリアム(ETH)で構築された分散型金融プラットフォーム(DeFi)である「Synthetix(シンセティクス)」が、Oracle Attac(オラクル攻撃)を受け、同プラットフォーム上の独自通貨であるsETHトークンを3700万sETH以上を失ってると、海外メディアTHE BLOCKが報じた。

報道された内容では、sETHトークンの市場流通量が少ないため、ドル換算をすることができず、具体的な被害総額は不明だという。

SynthetixのCEO兼共同創設者であるKain Warwick氏は、ディスコートチャンネルにては次のように述べている。

「sKRWの価格フィードで事件がありました。現在、根本原因を調査中ですが、価格フィードが戻ってきた間に間違った値だと私たちは自動化された任意のロボットがsKRWに変換してからsETHに変換したと信じています。」

Kain Warwick氏の見解では、今回の攻撃が裁定取引ボットによって自動的に行われていると考えており、問題の解決をするためにボット所有者にSynthetixへと連絡するよう依頼しているようだ。

また、Synthetixチームはディスコードチャネルにて、「スマート契約を完全に管理しており、問題が解決するまでシステム内の転送を無効にしています。」と報告しており、今後の混乱を避けていくことに対応しているようである。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。