米コインベース、AWSに問題で一部エラー発生

米コインベース、AWSに問題で一部エラー発生

米国の大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)は、取引中に継続的な遅延やエラーが発生する可能性があることを報告した。報告によると、これらの継続的なエラーはアマゾンウェブサービス(AWS)の停止により、一部のバックエンドシステムでエラー率が上昇していることが要因のようだ。

このコインベースにおけるエラーの発表がされた9時間前には、コインベースは取引に影響が無いことを報告しており、今回の追加発表によってこの声明は削除され、次のように説明されている。

取引中に断続的な遅延やエラーが発生する可能性があるほか、当社のアプリケーションの他の部分へのアクセスにも影響が出る可能性があります。また、カスタマーサポートへの問い合わせも遅延します。

いくつかの報道によると、問題が発生したのはコインベースだけではなく、AWSの停止によってインターネットのプラットフォームが軒並みダウンしている状況だ。ZDnetによると、28のAWS製品で問題が報告されており、影響を受けたプラットフォームには、Adobe Spark、Autodesk、DataCamp、Glassdoor、Flickr、iRobot、Roku、RSS Podcasting、The Washington Post、Downdetector、Pokemon GoやLeague of Legendsなどの人気ゲームなどが含まれている。

アマゾンはAM9:18(UTC)に、「すべてのエンドポイントを経由してKinesis Data Streamsへのすべてのトラフィックを復旧し、現在は正常に動作しています」と報告し、エラー率などの問題を解決するなどの即時対応を完了してることを報告している。

CloudWatch APIを呼び出す際のエラー率も解決しました。IoT SiteWiseの完全復旧に向けて作業を続けており、サービス状況の詳細は以下の通りです。その他のサービスはすべて正常に動作しています。Kinesis Data Streamsイベントの根本原因を特定し、再発防止のための即時対応を完了しました。

しかし、今のところコインベースでは、完全に全てが復活したわけではないないようだが、仮想通貨市場に大きな影響を与えないことを祈るばかりだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。