米ペイパル、一部ユーザーの仮想通貨取引サービスを停止

PayPal(ペイパル)が一時停止を報告

米国カリフォルニアに拠点を設け、世界展開するオンライン決済サービスを提供企業のPayPal(ペイパル)は、ユーザーがプラットフォームを使用して仮想通貨を頻繁に取引した場合、アカウントが停止もしくは禁止制限を実施する可能性が浮上している。

同じく米国を拠点とする英語圏ニュースサイトReddit(レディット)ユーザーのTheCoolDoc氏が11月25日に投稿した内容によると、PayPalから、“潜在的なリスクのため”アカウントを恒久的に制限したことを示すメッセージを受けたと述べた。

2021年までゼロフィー制度が実施されているため、PayPalは各仮想通貨の購入と販売の取引コストを限定的に負担している。1週間以内に少なくとも10回の仮想通貨取引を行い、1万ドルのデイトレードを行ったTheCoolDoc氏は、急落中に購入し、価格が高いときに販売したと述べている。今回の制限措置は、これらの取引コストをカバーするためにプラットフォームに大きな負担をかけた可能性が高いく、結果、制限されたのではないかとみられている。

PayPalはわずか数時間でこのユーザーがプラットフォームを使用して「これ以上のビジネスを行うことができなくなる」というメッセージを送信している。ユーザーは、アカウントの残りの資金(462ドル、約48,000)が180日間保留されたと述べたが、その後、他の手段を使用して資金を引き出したという。

プラットフォームは、米国顧客のために1週間以内に行われた仮想通貨購入に対し、10,000ドル、約100万円の制限(※最近20,000ドルに変更)を課している。PayPalは11月12日、米国の適格ユーザーが取引と支払いに仮想通貨を使用できるようにすることを発表したばかりだ。

別の問題点も報告されている

RedditユーザーCryptix001氏は、仮想通貨トランザクションを処理するプラットフォームに関する問題も報告している。

私は、PayPalを使用し、オンラインアカウントの1つからメインの当座預金口座(コインベースから小切手)に送金。より長い引き出し時間を回避していることを伝えました。いくつかの請求書を支払う必要があるのは多額になるまで、問題があったことはありませんでした。彼らが最終的に私の資金を解放することに同意するまで、一週間を要しており、二度とPayPalを使うことはありません。

さらにRedditユーザーbittabet氏は、PayPalの行動の部分的な説明は、大量の取引を行うユーザーのお金を失う可能性があることを示唆した。

PayPalは仮想通貨取引所ではありません。彼らのサービスは、人々がビットコインを保持し、その機能をオンにしたときにそれをビジネスで使用することを目的としています。絶えず取引すれば、PayPalは現在料金を請求していないため、それらをカバーするたくさんのお金を失います。このサービスは、取引口座ではなく、ビットコインの銀行口座やウォレットのようなものになるはずです。

冒頭で紹介した事例のTheCoolDoc氏は、プラットフォームがアカウントから制限を取り除いたとしても、PayPalから二度と購入しないと述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!