XRPジェネシスアドレスから「4000万XRP」が仮想通貨取引所に移動

XRPクジラが4,000万XRPを移動

2013年から休止していた詳細不明のXRP(リップル)クジラのアドレスから、4,000万XRPをルクセンブルクに拠点を持つ仮想通貨取引所ビットスタンプに移動したことが分かった。今回発覚した4,000万XRPは11月25日17時時点の価値で約28億3,500万円(※CoinMarketCap調べ)相当の資産が移動している。

11月24日午後3時に、ホエールアラート(Whale Alert)によって追跡されたこの取引は、その起源に関して多くの憶測を生み出している。

Whale Alertによると、転送は約7年間休止していたアドレスから発信されており、Whale Alert側は、このアドレスがXRPブロックチェーンのジェネシスブロックにリンクされていると主張している。

4,000万XRP送金は、リップルの創設者の可能性

ジェネシスブロックは、ブロックチェーンでマイニングされた初めてのブロックであり、分散型台帳システムの基盤になる。ビットコインの場合、ジェネシスブロックはその偽名の作成者であるサトシ・ナカモトによってマイニングされたものであることが分かっている。

今回の移動は、4,000万XRP転送に関与した匿名のクジラが同様にリップルの創設者であるという推測につながった。ただし、ジェネシスブロックはブロックチェーンネットワーク上の任意のノードでマイニングできるため、これを理論のように決定的に確立することは不可能とのことだ。

CoinMarketCap より画像引用

ホエールアラートが発動する1日前の11月23日、BeInCryptoは、XRPが過去7日間でビットコインとイーサリアムをも大幅に上回り、11月24日時点で0.27ドルから0.68ドルへと150%もの飛躍を遂げたと報告している。比較すると、ビットコインは同期間に16,125ドルから19,000ドルを超え、18.3%も価格を上昇させている。

一部ユーザーは、転送がリップルの創設者であり、仮想通貨市場のブルランを利用した後、XRPを市場へ効果的に投棄していると推測している。XRP保有者への今後のSparkトークンエアドロップも、投資家の関心を高めている可能性があるという。ただし、ジェネシスブロックにリンクされているアドレスのグループが少なくとも3年間ビットスタンプに資金を送っていると指摘する声もあがっている。

Sparkトークンの差し迫ったエアドロップは、XRP狂乱を2018年3月以来見られない高さまで駆り立てたと考えられている。この450億のSparkトークンエアドロップは、XRPユーザーに1:1の比率を与え、可能な限り多くを保持するインセンティブを提供するとのことだ。また、エアドロップがRippleXによってサポートされており、ビットスタンプがSparkトークンエアドロップをサポートすると発表したという事実も今回の移動に関する憶測を呼んでいる。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!