ロシア三大銀行のスイス支店が、仮想通貨サービスを提供へ

ガスプロムバンクが仮想通貨サービスを提供

ロシア三大銀行のひとつでロシア最大の非国有銀行のガスプロムバンク(Gazprombank)のスイス支店が、仮想通貨の管理、および仮想通貨と法定通貨間の取引を提供することが分かった。

ロシアで3番目に大きい銀行であるガスプロムバンクのチューリッヒに本拠を置く子会社は、FINMA(EidgenössischeFinanzmarktaufsicht=スイス金融市場監督局)によって、多くの仮想通貨関連サービスの提供を開始することが承認された。ガスプロムバンクは現地時間の10月29日、承認には仮想通貨の管理、および仮想通貨と法定通貨間の取引が含まれる事を明かしたという。

ガスプロムバンクのスイス子会社の最高経営責任者であるローマン・アブドゥリン(Roman Abdulin)CEOは、以下のように述べている。

スイスの規制当局FINMAによる承認は、ガスプロムバンクにとって非常に重要なマイルストーンを示している。特に、現在および将来の顧客のためにデジタル資産が世界経済においてますます重要になることを期待している。

公式発表によると、新しいサービスには、機関グレードのストレージソリューションとビットコインの購入と販売が含まれると記載されている。ただし、ガスプロムバンクは、追加の仮想通貨やその他の製品やサービスを含むように提供を段階的に拡大することも計画しているという。

同銀行はまた、“厳格”な評価プロセスを経た後、新しいサービスは当初、限られた企業および機関投資家のみが利用できるようになると述べている。

特別に設計されたデューデリジェンス手順とソフトウエアの使用について同銀行は、セキュリティを確保したうえで、スイスのマネーロンダリング防止法および関連する法律の遵守を確保すると述べている。アブドゥリンCEOは、以下のように語っている。

ガスプロムバンクの成長に貢献できることを嬉しく思います。スイスおよびグローバルな仮想通貨とブロックチェーンのエコシステム。FINMA規制の金融機関として、参加者への信頼を高めることで、付加価値を提供できると確信しています。私たちの目標は、機関投資家向けの保管とクライアントサービスに新しいベンチマークを設定します。

ガスプロムバンク(Gazprombank) について

ガスプロムバンクはスイスの登録銀行であり、ロシアを拠点とするGazprombank(JSC)が100%所有している。

当銀行はスイス金融市場監督当局によって規制されており、規制当局から認可されたスイスの金融機関として、個人の普通預金口座を除くスイスおよび海外の銀行サービスすべてを提供している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!