Coinbase、S-1ファイリング公開でナスダック上場準備が整う

CoinbaseがS-1ファイリング公開

大手仮想通貨取引所であるCoinbaseがSEC(米国証券取引委員会)へ提出したS-1ファイリングが公開された。

米国証券取引委員会に提出された仮想通貨取引所Coinbaseは、NEXTMONEYの特集記事「コインベース、IPOの代わりに直接上場を通じて公開」で報じているように、S-1登録届出書(ナスダックへの直接株式上場への入札に向けた重要なステップ)が一般公開 された。公開されたS-1は、Coinbaseのビジネスについて前例のない見方を提供しており、文書の機密ドラフトは2020年12月中旬にSECに提出されており、公式ブログで次のように述べている。

コインベースは、ナスダックグローバルセレクトマーケットにティッカーシンボル「COIN」で、クラスA普通株を上場する予定です。

これらの証券に関連する登録届出書はSECに提出されているが、まだ発効されてはいない。今回の登録届出書が発効する前にこれらの証券を売却したり、購入の申し出を受け入れたりすることはできないと述べている。

S-1ファイルに掲載されたCoinbaseの声明

ドキュメントに含まれる詳細の中で同取引所は、2020年に11億ドルの純収入を記録。2019年は4億8,290万ドルの純収入であったことから、2倍以上の純収入増加となる。また、ファイリングごとに、前年の5億7,950万ドル、約614億円~8億6,850万ドル、約920億円の営業費用を報告している。2021年2月25日付で提出されたS-1ファイリングでCoinbaseは次のように述べている。

2020年12月31日現在、上場暗号資産の市場価値はすでに約7,820億ドルでした。より多くの資産クラスをサポートし、プラットフォームにさらに多くの製品を追加することで、サービスを提供するエコシステムとともに顧客ベースが拡大することを期待しています。私たちの目的は、今日約35億人の人口を抱えるスマートフォンを持っている人なら誰にでも、暗号ベースの金融サービスを提供することです。

Coinbaseは現在、「Coinbase、事業形態分散化の主張によって顧客からの不満が続出」で報じたように、事業内容の分散化に伴い、顧客から多くの不満がSNSを中心に噴出しており、今回の発表と顧客の不満解消に向け、Coinbaseがどのように対応していくのか、まだしばらく目が離せそうにない。

コインベース、IPOの代わりに直接上場を通じて公開

2021.02.01

Coinbase、事業形態分散化の主張によって顧客からの不満が続出

2021.02.25

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。