Mastercard、仮想通貨決済導入と、ラグビーワールドカップ2023のパートナーに

Mastercardがワールドカップのパートナーに

大手国際クレジットカード決済を手掛けるMastercardが、2021年後半に仮想通貨決済を導入することを約束する一方、2年後にフランスで開催されるラグビーワールドカップの主要パートナーになることが分かった。

ラグビーワールドカップ公式サイトによると、ウェブサイトの記事によると、それはトーナメント中に優先カードになり、ショーケースイベントでラグビーワールドカップ2023を特集しするとのこと。Mastercardは2008年からラグビーワールドカップに協力しており、ラグビーカップの中でも、日本で開催されたワールドカップ2019のパートナーとして活躍している。

次回、2023年にフランスで、第10回男子ラグビーワールドカップが開催され、同社のカード所有者は、フランスで開催されるラグビーワールドカップのチケットに優先的にアクセスできるというメリットもあり、ワールドラグビーの最高商務責任者であるトム・ヒル(Tom Hill)氏は、次のように述べた。

マスターカードは、過去10年間、すべての男子ラグビーワールドカップにワールドワイドパートナーとして関与しており、私たちのスポーツを長年にわたって支援してきました。世界中のラグビーファミリーで彼らを再び数えることは私たちの大きな喜びであり、ゲームを変えるトーナメントを提供するという私たちの価値観と野心を共有しています。このトーナメントは、主要なラグビーイベントの社会的責任、包括性、持続可能性に新しい基準を設定し、スポーツの200周年に対する世界中のファンの想像力を捉えます。


Mastercard は仮想通貨決済を2021年後半に導入予定

Mastercard は仮想通貨決済を2021年後半に導入予定であることを正式に発表した。

この発表に、ギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)の創設者であり、CEO(最高経営責任者)兼会長であるマイク・ノヴォグラッツ(Mike Novogratz)氏が反応し、ツイッターでつぶやいている。

3年前、FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップの試合がモスクワや他のロシアの都市で行われた際、サッカーファンはビットコインや他の仮想通貨を使用してチケットを購入することができた。今回の発表に仮想通貨コミュニティは喜んで反応しており、仮想通貨採用のもう1つのマイルストーンとしてマークしている。仮想通貨の支払いは、今年の第4四半期にMastercardのネットワークに直接実装されるという。

GlobaliDが米国でXRPカードを発売

デジタルIDプラットフォームのGlobaliDは、米国で間もなく利用可能になる、初めてのXRPデビットカードを発表した。

順番待ちリストに参加した最初の1,000人は、Mastercardがサポートする1,070万を超える加盟店で最初の10,000ドル、約100万円を費やした際、XRPを報酬として最大5%を獲得できる。

MasterCard、ネットワーク上での仮想通貨のサポートを発表

2021.02.11

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。