Uniswap、ライバルSushiSwapの成長でMekerDaoを上回りナンバー1に

Uniswap がナンバー1に浮上!

Ethereumでトークンを交換するための最も成功したDeFiプロトコルの1つで、コードをオープンソースにし、誰でもフォークできるよう、熱い志を持つ小チームによって作成されたUniswap。そのUniswapが、急成長を見せているDeFi(分散金融)市場で、MakerDaoを上回り、トータルバリューロック(TVL=資産規模計測指標)でナンバー1スポットとなった。

DeFi Pulseから画像引用

DeFi Pulseによると、UniswapのTVLは、所定のDeFi貸し出しまたは交換プロトコルにロックされた仮想通貨総量を表し、現在17億ドルに達している一方、MarkerDAOは15億ドルという結果をはじき出している。実際、Makerは、8月25日にMarkerを上回った後、貸出プロトコルAaveを上回っており、利回りの検索が激化するにつれ、市場参加者がこれらの異なるプロトコル間を移動する速度を表している。

Uniswapの成長は、SwishSwapからの預金が12億ドルもあることから、フォークされたプロトコルであるSushiSwapの立ち上げが後押しをした形となった。

SushiSwapプロトコルを使用するには?

SushiSwapプロトコルを使用するには、ユーザーは最初にプロトコルでサポートされているトークンをUniswapに入金しなければならない。SushiSwapで使用できるいわゆるLPトークンを取得する必要があります。この設計の理由は、Uniswapから流動性を効果的に引き出すたである。しかし、SushiSwapの計画された軌道は、Uniswapの高空TLVが一時的なものであることをほぼ保証していることを意味する。8月27日のブログ投稿で概説されたように、現在Uniswapに賭けられている流動性トークンは、専用のSushiSwap契約に、つまりスタンドアロン(※1)の分散型取引所に移行します。

(※1)スタンドアロンとは、(standalone)コンピューターや情報機器が、ネットワークや他の機器に接続しないで、単独で動作している環境を指す。

簡単に言えば、プロトコルバンパイアリズムの“実質的な形”の終わりであり、その結果、TLVはそれに応じて低下するのだ。2月には、その額はわずか10億ドルだったものの、ここ数週間、ほとんどすべてのDeFiプロトコルのTVLが急上昇し、現在91億1,000万ドルを超えている。TVLはDeFiアクティビティを調べるための理想的な指標ではない。しかし、ブロックのオープンファイナンスインデックスは、分散型取引量などの垂直固有のパラメーターを考慮しており、より良い状況を提供しているので、こちらも参考にしておきたい。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!