バイデン氏がトランプ大統領に勝利で、仮想通貨市場の「規制崩壊」を懸念

バイデン氏が大統領になったらBTCはどうなる

次期アメリカ大統領選で、立候補の名乗りを挙げているジョー・バイデン(本名:ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア:Joseph Robinette Biden, Jr.)氏が勝利した場合、仮想通貨市場はどうなるのだろうか。

元トランプ大統領の元首席補佐官であるミック・マルバニー(Mick Mulvaney)氏は規制に関して「雪崩」が起こると予測している。しかし、この雪崩は仮想通貨やビットコイン価格に何を意味するのか。

マルバニー氏は、バイデン候補が大統領当選した場合、規制は崩壊すると語り、一部のエコノミストは、バイデン政権が株式市場の回復につながるとの懸念を表明している。これにより、多くの仮想通貨アナリストは、強力な株式市場の修正がビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格にどのような影響を与えるのかを熟考しているとメディアは伝えている。

マルバニー氏は、CNBCのSquawk Boxでのインタビューで、次のように語っている。

バイデン氏は短期間に多くの規制を推進する。トランプ現大統領が勝つと、同じことがさらに多く見られるだろう。バイデン候補が勝った場合、非常に短い時間で絶対的な雪崩が見られるだろう。

スキュー(Skew)のデータは、ビットコインがここ数カ月の株価より、金との相関が高いことを示している。株式市場の減速が実際にビットコインの感情を押し上げる可能性があるという議論がなされる可能性もあるとみられている。しかし、3月から4月に見られるような、株の弱気市場はビットコインの勢いを弱める可能性もあると指摘されている。

スキュー(Skew)より画像引用

経済学者さえも悲観的な見方

メリーランド大学のファイナンスプロセッサであるデビット・カス(David Kass)氏によると、バイデン氏の下での増税は利益減少につながると指摘している。同氏は次のように語っている。

税率の引き上げは、利益の低下とおそらく株価の低下をもたらす。この影響は、議会を通過したより大きな財政刺激策と、ヨーロッパ諸国および中国とのより良い貿易関係によって相殺される以上の可能性がある。

海外メディアWSJの報道によると、バイデン氏の選挙結果により、株式市場で年間平均10%の収益を得られるという過去のデータが示されている。WSJのライターであるエド・フィン(Ed Finn)氏は、バイデン政権の期間中、米国の投資家は年間15%以上の株式リターンを享受する可能性さえあると指摘している。

現時点では2つのシナリオが描かれており、株式減少がビットコインにも影響を与える可能性があり、それが金のように安全な資産の避難場所という環状を改善できた場合、ビットコインラリーの可能性を上げるかもしれない。

そしてもう一つのシナリオは、3月記事のように株価の低迷が金とビットコインを奪う可能性があるとみている。後者のシナリオが実行された場合、米国債を除くほとんどの資産が減少する可能性があり、より混乱は深まるとみられる。

予測される最終的なビットコイン価格への影響とは

バイデン氏の周囲はさまざまな思惑や感情が混ざり合っている。もしも、このまま当選した場合、ビットコインへは特に意味を持つような影響は及ばない可能性が高い。

ビットコインは2021年に入ると、2017年と同じように後半分のサイクルに直面すると予想されている。2016年に戻って、BTCが20,000ドルの新たなピークを達成するためには、約17カ月を要している。ここでビットコインが同じ様なサイクルに入った場合、2021年の第4四半期は、世界をリードする仮想通貨の次のピークを迎える可能性がある。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!