ConsenSysとファイルコインが提携|Filecoin採用を目的としたアクセラレータ発表

コンセンシスとファイルコインが提携

イーサリアムに突貫したソフトウェアを提供するコンセンシス(ConsenSys Labs)社が31日、ファイルコイン(Filecoin/FIL)と提携。2020年秋まで、15〜20のチームが12週間の資金調達、メンターシップ、福利厚生、およびビジネスとブロックチェーン固有の問題に関するプログラミングを提供され、デモデイとプログラム終了後の資金調達サポートしていくことを発表した。

イーサリアムコミュニティ内でリリースされていない分散型ファイルストレージプラットフォームであるFilecoinの採用を加速することを目的としたアクセラレータプログラムのアプリケーション https://labs.consensys.net/tachyon/ を受け入れている。

チームは、起業家や法律顧問から革新的な技術研究者まで、コンセンシスおよびProtocol Labsのネットワークと専門知識へのアクセスを活用し、各チームは80,000ドル(約83万円)の資金を受け取る。コンセンシスとファイルコインのバックアップ企業であるProtocol Labs社は、ブロックチェーン業界の経験豊富な技術専門家、研究者、起業家、法律顧問の施設とネットワークを利用できるようにしていく。この度の提携に際してコンセンシス社は、次のように述べている。

このコホート(共通した因子を持つ観察対象)は、IPFSとFilecoinを介して分散型Webのための、よりオープンで相互運用可能なプログラム可能なツール、インフラストラクチャー、およびアプリケーションを構築する新興企業に焦点を当てていく。

ファイルコインの奨励テストネットの正式リリースは、8月の第1週に予定されています。すべてが予定どおりに進んだ場合、2020年の第3四半期にファイルコインパブリックメインネットがリリースされます。ただし、このリリースについては今年1回延期されている。

2014年に立ち上げられたProtocol Labsは、オープンソースの研究・開発、および展開を主に実施しており、プロジェクトにはInterPlanetary File System(IPFS)、Filecoin、libp2pなどが含まれている。IPFSの目標は完全に分散されたWebであり、アプリケーションは中央サーバーに存在せず、ユーザーのコンピューターで構成されるネットワーク上で動作する。

そのため、IPFSは、すべての人類にとってより持続可能でアクセス可能なウエブインフラストラクチャーを育成するため、回復力のあるアップグレード可能なオープンネットワークを作成することを目的としている。誰がコンテンツをホストしているかでコンテンツを探すのではなく、データの検索がより速く、より安価になり、集中型サーバーに依存する必要がない環境下で、ユーザーがコンテンツ自体を検索すし、オフラインでウエブアクセスできることを意味している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!