仮想通貨取引所Huobi、機関投資家向けカストディサービスを開始

フォビ(Huobi)が機関投資家向けサービス拡大へ

7月30日、Huobi Institutionがデジタル資産管理プラットフォームと、機関投資家向けの保管サービスの立ち上げを発表した。

同プラットフォームは、Huobiが管理する安全で信頼性の高い環境下で、機関投資家や富裕層をターゲットにサービス展開を図る。Huobiの新保管サービスは、資産の安全な預金を保証し、プラットフォームでのすべてのトランザクションとエンゲージメント(約束・契約)資産の決済と配信を提供する。資産管理ソリューションの立ち上げは、多くの金融機関や既存資産運用会社が仮想通貨を利用して裁定取引を作成し、マクロ経済リスクをヘッジするにつれて、デジタル資産市場の継続的な変化を強調している。

市場がグローバル拡大するにつれて、より微妙な取引商品やサービスに対する需要が高まっており、投資家は高品質の定量的投資プラットフォームへのアクセスを望んでいる。しかし、最近まで市場は非常に細分化されており、市場の両側を1つのプラットフォームに統合することで、従来の金融市場とデジタル資産経済の間の架け橋を構築したいと考えているとのこと。

Huobiの資産管理プラットフォームのすべての暗号資産管理者と取引チームは、会社の完全な開示を含む厳格な審査プロセスを経ている。さらにトレーディングチームは、トランザクションの履歴データも提供する必要があり、チームによってリスク管理能力を決定するための履歴ポジションとトレーディングアクティビティの詳細な分析を提供するという。デジタル資産管理者は、製品タイプと関連するリスクレベルに基づき、投資リスクマージンとして暗号資産の割合を預ける必要がある。

Huobiは、プラットフォームのオペレーターおよび管理者として、プロジェクトの登録と委託、投資の確認、クライアントアカウントの管理、資産の清算と決済を担当するとのこと。プロジェクトアセットはHuobiアカウントで管理され、クロスエクスチェンジ戦略と実行をサポートする。投資家は常に資産の完全な所有権を保持し、デジタル資産管理者はそれらの資産を取引するためのアクセスのみが許可され、Huobiはすべての投資パフォーマンスデータを定期的に投資へ報告する。

Huobiの暗号資産管理プラットフォームは、投資家が投資利益率を追跡できるようにする評価システムを提供することで、デジタル資産管理の透明性を高める。プラットフォームのモニタリングシステムは、複数の取引所にまたがる仮想通貨マネージャーと取引チームによって提供されるAPIに接続し、仮想通貨の価値とROIをリアルタイムで測定していく。

なお、プラットフォーム上の仮想通貨は、投資家を保護するために必要に応じてエクスポージャー(市場における価格変動リスクにさらされている資産度合い)を制限し、清算メカニズムを確立するために、レバレッジ比率、ドローダウン、入出金などのリスク指標についても監視していく。

リリース時にサポートされている取引プラットフォームには、Huobiのほか、OkexやBinanceなどがある。サポート取引商品には、スポット、クロスマージン、孤立マージン、先物、永久スワップが含まれ、レバレッジは20倍以下に制限される。さらに、サポート資産には、USDT、BTC、ETH、EOS、BCH、LTC、TRX、ETC、XRP、ADA、DASH、ATOM、BSV、XLM、およびZECが含まれるとのこと。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!