東ヨーロッパの新興企業は、民間投資家の開放で公金を利用

民間投資家は公金を利用

コロナウイルスが大流行していた3月、アルフティンズのプライベートバッカー(保証人)が融資契約を解除した際、スロバキアのブロックチェーンスタートアップ企業には公的資金によるベンチャー企業クラウドベリー(Crowdberry)社を使用するという別の選択肢を持っていた。

11月の元取引で負けた後、クラウドベリー者は2回目の交渉で、より良い条件を確保できたが、デジタル資産取引プラットフォーム開発企業のアルフティン(Alftins)は必要なお金を手に入れている。アルフティン(Alftins)社の創設者、リチャード・フェティコ(Richard Fetyko)氏は次のように述べている。

これが最も抵抗の少ない道であり、クラウドベリー社は優れた戦略的パートナーだった。

このエピソードは、民間投資家がこの地域の初期のスタートアップシーンから撤退するにつれて、一部の公的支援ベンチャー企業が、ポーランド、チェコ共和国、スロバキア、ハンガリーなどの元共産主義国のスタートアップ企業にシードマネーを流し続けるためにどのようにステップアップしているかを強調している。

クラウドベリー社のパートナーであるミハル・ネスポル(Michal Nespor)氏は、次のように語っている。

多くの新興企業は、パンデミックのためにプライベートマネーが非常に慎重になっているが、これらの資金を活用する以外に選択肢はない。

パンデミック前はCEE (Central and Eastern Europe=中東欧)の多くの新興企業が民間投資家を選好していた。民間投資家は、シリコンバレーのような場所でより良い評価とグローバル投資家へのリンクを提供し、後により大きな資金調達ラウンドを提供することが多いと、創設者やベンチャー企業は述べている。しかし、プライベートシードマネーが枯渇する中、ポーランドのオンラインマーケットであるAllegro、ルーマニアのソフトウエア会社UiPath、および新しいFTSE 100は、次のユニコーン企業の創出を目指し、ますます公的資金によるオプションに目を向けている。

チェコのベンチャー企業である国営1のジェネラルパートナー、マーティン・ボドックキー(Martin Bodocky)氏は、民間投資家よりも公的資金は保護と利点を提供し、安定性も高く、危機の際にも限られたパートナーが資金を提供し続ける可能性が高いと語っている。初期のCEEベンチャーキャピタルファンドに流入する資金の多くは、EIF (European Investment Fund=欧州投資基金)からのものであると、いくつかのCEEに焦点を当てた投資プログラムを担当するEIFの上級委任マネージャーであるミハル・コシナ(Michal Kosina)氏は言っている。

慌ただしい時間

CEE諸国は、数学とコンピューターサイエンスに強い卒業生を生み出す長い伝統と、企業が成長するにつれて起業家がより少ないリソースでより多くのことを行えるようにする低コストの基盤を含む、新しいビジネスに多くのメリットを提供している。

資金調達調査会社Dealroom.coのデータによると、2019年にCEEベンチャー資金は約14億ユーロ(約1,740億円)に達し、2013年の2億2,300万ユーロから急増している。この地域では、計300億ユーロのユニコーンが12社も登場しており、スタートアップの有望なパイプラインを提供していることがわかる。

Dealroom.coのデータによると、この金額は、2019年にヨーロッパで調達された388億ユーロの一部で、創設者やベンチャー企業によると、この成長は後期段階の取引のためにますます多くのグローバル投資家を魅了している。ただし、初期取引では、公的資金が重要な役割を果たす可能性があり、新興企業がパンデミックを乗り切るのを助けるためにスタートアップへの資金を増やしたと、ハンガリーの国有投資家Hiventuresの最高経営責任者であるベンス・カトナ(Bence Katona)氏は述べている。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!