イーサリアム財団のEth2研究者、ローンチ目前にバリデーター「ランチパッド」を発表

バリデーターランチパッドを発表

イーサリアム財団のEth2研究チームが27日、ブロックチェーンのオーバーホールプロジェクトが正式なローンチに近づいたため、バリデーターローンチパッドの詳細を共有した。

ユーザーがネットワークバリデーターまたはネットワークのセキュリティ保護に役立つエンティティになるプロセスを解説している。具体的には、これらを容易にできるよう設計されたランチパッドが、来月初めに稼働する予定のマルチクライアントテストネットセットであるMedallaのリリース前に提供される。

Medallaとは「公式のパブリックマルチクライアントテストネット」と説明されており、ETH 2.0の公式キックオフに先立つ主要なベンチマークだ。公式発表によると、このランチパッドとは、セキュリティと教育に妥協せずにEth2バリデーターになるプロセスを可能な限りシームレスにすることだ

(画像引用先:イーサリアムブログ)

Eth2では、現在の作業証明フレームワークから証明へと移行するため、ネットワークを安全に保ちながら、ネットワークが合意に達する際に役立つアクションのため、継続的な支払いまたは報酬を受け取る際に役立つバリデーターを必要とする。

(画像引用先:イーサリアムブログ)

調査チームによると、ランチパッドはバリデーターを実行するかどうかを決定する前に、受け取る報酬の量を十分に理解することが重要で、報酬は固定ではなく動的であることを理解する必要がある。受け取る報酬の量、関与に伴うリスクと責任など、プロセスのさまざまな側面について学習するのに役立つキーを管理し、公開キーをオンラインでアップロードするとのこと。

Launchpadは、ビーコンチェーンとeth2オンボーディングのための歓迎的で教育的な体験を生み出せるものとして、重要なプロジェクトで、他の優れたインターフェースがクライアントオペレーターや主要チームからオンラインで登場することを期待している。

以前に報告されたように、Eth2のロールアウトの最初のフェーズは、来年初めまで実施されない可能性があるが、今後数カ月の進捗状況に応じ、ジェネシスの打ち上げは早ければ今年11月にも行われる可能性があるとのことだ。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!