米テキサス証券規制当局、南アフリカ発のMLM取引プールを閉鎖

南アフリカのMLMを閉鎖

アメリカテキサス州の証券規制当局は、南アフリカ発のテキサス地域を標的とした違法な外国為替詐欺が開始された事を把握。ビットコインへ投資をすることで、大きな利益が手に入ると儲け話を持ち掛けるマルチレベルのマーケティング詐欺が現在横行しており、緊急停止(迅速な解体)を実行した事を正式に発表した。

テキサス州証券委員会は、Cornelius Johannes“ Johan” Steynbergによって運営されているミラートレーディングインターナショナルPTY LTDにテキサス州内の事業を直ちに中止するよう命じた。同社がビットコインと外国為替プールへの不正な投資への勧誘展開していると主張している。

規制当局の執行責任者であるジョー・ロタンダ(Joe Rotunda)氏は、迅速な対応が必要であると考えており、氷山の一角である可能性が高いと指摘。マルチレベルマーケティングゲットリッチクイックスキームは勢いを増し、インターネットを通じて山火事のように広がっている。緊急停止措置を講じて、違法なスキームがテキサス州に回復不能な損害を与える前に迅速に阻止したと発表している。

ミラートレーディングは南アフリカの西ケープ州に拠点を置き、投資家を装い、迅速なリターンを約束するマルチレベルマーケティング(MLM)詐欺を展開している詐欺集団だ。規制当局によると、同社は投資家にビットコインへの投資を要求し、ビットコインをまとめてプールし、外国為替プラットフォームに投資すると主張していたことがわかっている。取引ではAI(人工知能)を使用しており、毎月利益を得ている。

なお、規制当局の命令によると、同社は「ミラートレーディングの投資は200日を超えると利益が受け取れ、1日で最大800件の取引を行い、1年以上取引を失っていない」などの主張をしている。

テキサス証券委員会のトラビス.J.イレス(Travis J. Iles)氏はさらに、ミラートレーディングが投資家からの重要な情報を隠していることを明らかにしており、Michael Cullison、Steve Herceg、Brian Knott3人の幹部会員が以前、アメリカで破産申請をした事実が含まれていると語っている。

イレス氏は、これらのように収益性の高いスキームは、ほんの少しの煙と鏡の輝きに依存している。投資家は多くの場合、安全で有利な利益を約束されているが、プロモーターは多くの場合、見込み投資家に十分な情報を提供し、法的義務を果たすために必要な基本的な情報を提供できていないとコメントしている。

他のMLM詐欺と同様、ミラートレーディングは、新規会員を募集する能力に応じて支払う営業担当者を募集し、世界170か国以上から76,000人が同社の投資話へ加入したと主張している。また、そのうちの22,500人が今年3月1日以降に同スキームに新規加入したと主張している。

ABOUTこの記事をかいた人

Rio(NEXT MONEY)

はじめまして!仮想通貨やブロックチェーンの国内外の仮想通貨や関連ニュースを通して、ためになる知識をどんどん吸収していきたいと猛勉強中!。 普段は鳥の声さえずる緑豊かな田舎で2児の子供とバタバタしながらの~んびり暮らす、スローライフに憧れるちょっぴりドジな母の一面も。 将来は、田舎に広い庭のある小さなお家に住むぞ~!