仮想通貨取引所フォビジャパン、レバレッジ取引のサービス開始へ

仮想通貨取引所フォビジャパン、レバレッジ取引のサービス開始へ

仮想通貨取引所フォビジャパンが3月26日、少額の元手で多額の売買ができる仮想通貨のレバレッジ取引サービスを開始する予定であることを発表した。顧客全体へのリリースは4月中旬頃を予定しているという。

ユーザーは取引開始に当たり、レバレッジ取引用の口座を開設する必要がある。26日午後0時から、申し込みの受付を開始した。申し込みをしたユーザーに対しては、全体リリース後に順次審査を行い、審査結果はSMSかメールで通知するという。

フォビジャパンのレバレッジ取引の証拠金倍率は2倍で、ビットコイン(BTC)/日本円(JPY)の取引を提供する。

楽天ウォレットもレバレッジ取引を開始

国内ではレバレッジ取引を始める企業が増えており、楽天グループの仮想通貨取引所、楽天ウォレットが26日にレバレッジ取引を開始。新たにレバレッジ取引用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレットPro」を公開した。

レバレッジ取引の対象となる仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の5種類。それぞれ日本円に対応した計5種類の取引通貨ペアで、最大の証拠金倍率は2倍に定めた。

楽天ウォレットProの取引画面は、複数の資産の一括管理ができたり、お客様にとって最適なチャート表示などのカスタマイズができたりする仕様で、顧客のニーズに特化したインターフェイスを採用。レバレッジ取引のシステムには、安心安全な取引環境を提供するため、証拠金は「楽天信託」を通じた銀行預金として保全をするほか、証拠金取引においては、証拠金維持率が100%未満になると、顧客の損失を一定以下に抑えるため、維持率が100%を回復するまで建玉(ポジション)を強制決済(ロスカット)する仕組みとした。

この記事のURLをコピーする