バイナンスCEO「コロナウイルスが、BTC暴落の唯一の理由ではない」

バイナンスCEO「コロナウイルスが、BTC暴落の唯一の理由ではない」

仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao氏は、流行しているCOVID-19(コロナウィルス)が現在のビットコインを含む、世界経済のメルトダウンの唯一の原因ではないと述べている。Zhao氏は最近のブログ投稿で、パンデミックは単に世界経済の弱さを示しており、2008年の世界的な金融危機(GFC)とコロナウイルスの現在の発生について話し、次のように述べている。

「2008年に世界経済が停滞したことと同じように、コロナウイルスは単なる原因であり、根本的な原因ではないと考えています。私たちの経済は、少なくともいくつかの危機を乗り切るための強さを持っていなければいけません。」

週末のビットコイン反発の背景と今後の展望

2020.03.23

ビットコインは、株式市場が暴落したすぐ後に追随するように暴落したが、過去数日間で回復が始まったため、株式市場と大きな相関関係があるのかどうかというところは明らかになっていないようだ。Zhao氏はビットコインの不安定な性質にもかかわらず、未来に自信を持っているようで、投資家はある時点で現金を貯めるのをやめ、ポートフォリオは再び拡大し始めると述べている。また、「現在、多くの人々はトイレットペーパーを買っているだけであり、時間が立つにつれてビットコインの購入は促進されていくだろう」と述べ、ビットコインの本質的な需要について前向きな考えを持っている。

実際にバイナンスUSのキャサリン・コリーCEOは16日、公開されたブルームバーグのインタビューでアジアのコロナウイルス対策によって仮想通貨の取引が急増したこと指摘。というのも仮想通貨市場が長期の「CRICサイクル」に陥っていると指摘しており、同じようなことがアジア以外の地域でも広まる可能性があると示唆している。

いづれにせよ、市場が未成熟な仮想通貨市場においては、コロナウィルスが唯一の暴落原因であると断定するのは短絡的であり、多くの可能性を考慮する必要がありそうだ。

この記事のURLをコピーする