バイナンス先物、仮想通貨ADAを追加

バイナンス先物、仮想通貨ADAを追加

仮想通貨取引所バイナンスは30日、先物取引プラットフォーム「Binance Futures」の無期限契約に仮想通貨ADA(カルダノ)を追加することを発表した。これにより同プラットフォームは、計10の仮想通貨が取り扱い可能となった。

仮想通貨ADAの取り扱い開始日時は、日本時間2020年01月31日17時を予定。取り扱いペアはADA/USDTの味で最大レバレッジは75倍まで設定することが可能だ。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
リップル(XRP)
イオス(EOS)
ライトコイン(LTC)
トロン(TRX)
ステラ(XLM)
イーサリアムクラシック(ETC)
カルダノ(ADA)

また発表によると、バイナンスは市場操作を防ぐために、取引開始後最初の15分以内にマーク価格の±1%の価格制限を実装する。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。