ツイッター、仮想通貨XRPの投げ銭アカウントを停止に

ツイッター、仮想通貨XRPの投げ銭アカウントを停止に

ツイッターは、仮想通貨XRPを使用した投げ銭機能である「XRP Tip Bot」の公式アカウントを凍結した。XRP Tip Botの開発者兼XRPL Labsの設立者ウィステス・ウィンド氏のアカウント(xrptipbot)が報告した。

「XRP Tip Bot」は、ツイッターを使用して仮想通貨XRPを投げ銭できるプラットフォームである。ユーザーは特定のコマンドをツイートし、他人へXRPを送金することを可能にする。ユーザーは他者へ仮想通貨を使用した支援ができることを目的として使用されていた。

そして今回のアカウント停止について。ウィステス・ウィンド氏によると、ツイッター側がアカウント(@xrptipbot)を停止にしたのは、「なりすまし行為の禁止」に違反していると説明。しかし、何になりすましているのか明確にはなっておらず、「自分のプロジェクト、ドメイン名、ソースコードは、なりすましですか?!と、疑問を抱えている。

だがウィンド氏は、「#xrptip」のハッシュタグを付けることで投げ銭機能は使用でいるとツイッター上で投稿。しかし、ツイッター側が正式に投げ銭機能を認めているというわけではないようだ。

実際に、ツイッターのユーザーが投げ銭できる機能の開発を検討していることが報じられており、アカウント停止を作為的に行った可能性もある。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。