ジャスティン・サン、ウォーレン・ランチに代わる「ウォズニアック・ランチ」を開催

ジャスティン・サン、ウォーレン・ランチに代わる「ウォズニアック・ランチ」を開催

仮想通貨TRONの創設者であるジャスティン・サン氏は、Apple社の共同設立者であり天才エンジニアでもあるスティーブ・ウォズニアック氏と、無料でランチしたとTwitter上で報告した。Twitter上では1000を超えるいいねが付ている。

ウォズアック氏はTwitter上で「ジャスティンサンと無料でランチ! (彼は昼食代をウォーレン・バフェットと支払いました)」とツイート。そのツイートを引用したジャスティン氏は、「伝説のウォズとの出会いは名誉なことでした!パートナーシップを楽しみにしています!」とコメントした。

ここまで今回の報告が注目された理由として、ウォズニアック氏が「ウォーレン」という言葉を使用したことはもちろんだが、ジャスティン・サンとランチというキーワードが関係している。

ジャスティン氏は昨年、チャリティーランチオークションおよび、仮想通貨の普及の一環として、ウォーレン・バフェット氏とのランチ権利をを獲得するために、過去最高記録となる457万ドルで落札した。しかしジャスティン氏は、体調不良を理由にバフェット氏とのランチを中止に。2020年になった現在も、ウォーレンランチに関する詳細な進展を明らかにされていない。

伝説の投資家として知られるウォーレン氏は、ビットコインや仮想通貨の懐疑論者の一人である。同氏は昨年からビットコインや仮想通貨に対して、「悪い結末を迎える」「殺鼠剤を二乗したものだろう」と否定的な意見を示している。

今回の些細のないツイートへのユーザーからのリプライには、「根拠のないパートナーシップを発表するな!」、「こんなのツイートでTRXは上昇しません」など痛烈な批判コメントが散見されているが、「何を食べましたか?」など楽観的なコメントも寄せられている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。