Bithumb Global、独自仮想通貨「Bithumb Coin」を発表 =取引所エコシステムに活用

Bithumb Global、独自仮想通貨「Bithumb Coin」を発表 =取引所エコシステムに活用

仮想通貨取引所を展開するBithumb Global(ビッサム・グローバル)は、取引所のブロックチェーンバリューネットワークであるBithumb Chainのネイティブコインとして「Bithumb Coin」を発表した。このBithumb Chainは、Bithumb Familyにおけるエコシステムでの活用をはじめ、それらに付随するサービスやインフラを強化する分散型オープンソースプロトコルとして活躍する。

また、世界中で発行される仮想通貨同様に、トレーディングビジネスとしての価値を持ち合わせている。

Bithumb Familyとは

Bithumbファミリーは、ブロックチェーン業界と従来の金融業界からの個人、機関、および企業で構成されるデジタル経済プラットフォームおよび金融エコシステムである。

Bithumb Chainの詳細

Bithumb Coinは、ティッカーシンボルは「BT」となり、同プラットフォームのエコシステムの交換可能なデジタル通貨として機能する。また、発売予定日についても明らかになっており、2020年の第1四半期に発行・発売が予定されている。

主なBithumb Coinの使用用途は以下の通りだ。

  • Bithumbチェーン内のユーティリティ
  • Bithumbチェーンシステムの使用権
  • Bithumbグローバルプラットフォームの取引手数料の支払い
  • 将来の新製品の支払い手続き
  • システムリース契約を通じた、BTをリースしてリース報酬の獲得
  • プロジェクトリストの指名を含む、Bithumb Chainのガバナンスへの投票

そしてプラットフォーム上でのBithumb Coinの詳細な使用用途について。Bithumb Coinは発行元から発行され、最大で3億BTを予定。さらには、最初のトークン配布では、取引所でのインセンティブとチェーン開発に分割される。

また機能面においては、仮想通貨取引所バイナンスのBinance Coin(BNB)と同様に、取引所収益の50%を使用して市場からBithumb Coinを買い戻し、最終的には総発行枚数である3億BTの半分となる、「1億5000万BT」になるまで買い戻しが継続されるという。

関連記事:Bithumbについて|Bithumb Familyとは?

[copy_btn]

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。