dApps統合プラットフォームDappRadarにインタビュー!日本市場への進出は?

dApps統合プラットフォームDappRadarにインタビュー!日本市場への進出は?

仮想通貨市場に突如誕生したdApps(分散型アプリケーション)の市場は、仮想通貨の成長と共に急激に成長し、日本発のdAppsゲームも世界中で高い評価を受けています。また、ブロックチェーン技術を基盤としたゲームは、取引データやアイテムなどを記録し、ゲーム内のアイテムをトークン(仮想通貨)で購入・売却することもできるのです。

そんなdAppsゲーム市場の成長に伴い、企業らが提供するdAppsプロジェクトのランキングを一覧にしたwebサイト「DappRadar」が急激な人気を誇っています。DappRadarは、dappsのランキングを知ることができる統合dApp評価サイトです。ランキングは様々な分野に分けて評価され、取引量はもちろん、アクティブユーザー、トランザクションを分かりやすく調べることができるのです。

そして今回、NEXTMONEYは、dApps市場における人気ランキングを提供するサイト「DappRadar」のCEO Skirmantas Januskas氏に、インタビュー形式で質問をさせていただくことができました。

Skirmantas Januskas氏
  • DappRadar共同創設者 兼 CEO

dAppsプロジェクトのランキングサイト「DappRadar」について

ーー DappRadarとは何ですか?

DappRadarはFTSE Indexに似ていますが、dapps専用サイトです。 dappマーケットについて人々が必要とするすべての情報を1か所に集め、情報に基づいた意思決定を行えるようにします。推奨事項は提供しませんが、代わりに、ユーザーが必要なデータにできるだけ簡単にアクセスできるようにします。

現在、7つのブロックチェーンで2500を超えるdappのデータを追跡および提供し、さらに追加する予定です。

ーー どのようにしてdapp市場に参入しましたか?

DappRadarは、2018年2月に正式に設立されました。私たちのビジョンは、dapps市場での世界一のパイプラインであり、dappディスカバリーの信頼できる出発点となり、新しい消費者にリーチするdapp開発者の流通チャネルとして機能することです。チーム全体がdappスペースを本当に魅力的に感じ、それをアプリの進化と考えています。

プロトコル間で絶えず変化するランドスケープや開発、ブロックチェーンコミュニティが、これまでの障害を解決し、解決された市場は、これから日常的に見られる驚くべき光景となります。

いつかあなたはこう言うでしょう。「そのためのアプリ(DappRadar)があります。」

DappRadarとは何か?どのような役割?

ーー DappRadarサービスの機能は何ですか?

DappRadarは、最も信頼できるdappプラットフォームとしてのリーダーシップの地位をすでに構築しています。私たちは、dapp開発者と緊密に協力し、信頼できるデータを提供するというコミットメントを通じて、dappの市場の成長において主導的な役割を果たします。

DappRadarは、2018年2月以来、イーサリアム、EOS、およびTRONブロックチェーン全体で2,500を超えるdappsと11,000のスマートコントラクトの毎日のメトリックを追跡しています。さらに、ボットなどによる、操作されたトラフィックによって生成されたデータも追跡しています。

ーー なぜブロックチェーンアプリケーションに焦点を当てたのでしょうか?

ブロックチェーンによって、ユーザーのデータセキュリティと制御のレベルが向上します。たとえば、dappsを使用すると、人々は銀行に行かなくても、ローンや銀行口座などの銀行サービスにアクセスできます。同様に、人々はゲームを収益化し、ゲーム内の資産を開発し、それを他のプラットフォームに転送することができます。私たちは、このテクノロジーがユーザーエクスペリエンスに真の価値を付加し、世界に存在する多くの問題を解決する力を非常に強く信じています。

dappsのメリットは非常に大きく、人々が製品やサービスとやり取りする方法に変化をもたらします。私たちはその業界の一員になるだけでなく、それを先導していきたいと考えています。

ーー 既存のアプリケーションとdappsの違いは何ですか?

dappは一般的なアプリケーションに似ていますが、利点があります。dappsの背後にブロックチェーンテクノロジーを使用すると、ユーザーのデータセキュリティと制御のレベルが向上します。起こっている最もエキサイティングなことの1つは、dappでブロックチェーンテクノロジーを使用することによってのみ提供されるNFTと真に所有可能な資産の出現です。

主な違いは、アプリは集中管理されており、購入したアセットまたはアップグレードはそれらの環境でのみ使用可能であり、そのアプリ内を除いて譲渡または実際の具体的な価値がないことです。 DappsとNFTは、資産を完全に購入、販売、取引、dappからdappに転送できるようになり、これを完全に変更する予定です。

何年もの間、私たちが聞いたことは、子供たちがアプリやゲームに多すぎるお金を費やしているということです。dappsは人々にお金を稼ぐ機会を与えています! dappsはアプリの進化と考えています。

DappRadarが見据える、dAppの未来

ーー ブロックチェーンアプリケーションのどのジャンルが将来開発される可能性がありますか?

現在、ゲーム、DeFi(ディファイ)、ギャンブルの分野で多くのアプリケーションが見られていますが、ギャンブルとゲームの両方が将来非常に良い結果を示すと思われます。おそらく将来、現在利用しているアプリに似た、よりユーザー中心のアプリケーションが人気になることが予測されます。

これらはすべて共通のテーマを持っています。それらはあなたの生活を楽にするように設計されており、存在する問題解決モデルが将来の開発を導くのです。

ーー 9月5日に230万ドルを調達しました。今後、どの機能を追加する予定ですか?

DappRadarは主にR&Dに投資を使用し、ビジネスのサービスを拡大し、成長の次の段階に到達するのに役立つ新しい機能を開発します。この投資はエキサイティングな時期に行われ、製品開発を強化することができます。

これ以上は言えませんが、すぐに新製品を発売します。

ーー 日本市場の今後の展開について教えてください。

私たちは、製品の日本市場での認知度を高め、偽のデータとトラフィックを排除するというコミットメントを強調するために一生懸命取り組んでいます。私たちは日本市場を重要な市場とみなし、活動を拡大し始めています。

今回のようなインタビューや東京ブロックチェーンイベントでの、ステージ講演は素晴らしい結果をもたらしているので、私たちは努力を続けるつもりです。

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。