国内取引所コインチェックは消費税増税に伴い、10月1日から「入出金手数料」を引き上げ

国内取引所コインチェックは消費税増税に伴い、10月1日から「入出金手数料」を引き上げ

国内大手仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は13日、日本国内で2019年10月1日から施行される消費税および、地方消費税の税率が、8%から10%に変更される「消費税増税」に伴い、同社が提供するサービスの「消費税込手数料」を変更することを発表した。

今回発表された「消費税込手数料」の変更では、以下の入出金手料が変更される。

  • 銀行振込入金
  • コンビニ入金
  • クイック入金
  • 日本円入金

coincheck.blogより画像引用

いつもCoincheckをご利用いただき、ありがとうございます。

2019年10月1日より消費税および地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられます。これに伴い、当社の提供するサービスの消費税込手数料を変更させていただきます。

  • 取引所手数料(税込)は、キャンペーンにつき無料です。
  • 仮想通貨送金手数料(税込)およびスワップ手数料(税込)の変更はございません。
  • Coincheck貸仮想通貨サービスにおいて、当社がお客様にお支払いする利用料(税込)の変更はございません。

現在、消費税増税の税率変更に際して、日本各地でサービスを展開する企業やサービスらが税金に対する対応を発表している。飲食関連企業の「すき家」「マクドナルド」などは、店内飲食および持ち帰りの料金を統一し、これまでと同じ金額で商品を提供することを発表している。

日本国内には仮想通貨交換業社が数多く存在しているが、10月1日に施行される消費税増税まで1ヶ月を切っているが、各取引所の対応が、今回のコインチェック社の発表によって左右されるかもしれない。

 

この記事のURLをコピーする

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。