米仮想通貨取引所コインベースのユーザー数3000万人を突破

米仮想通貨取引所コインベースのユーザー数3000万人を突破

米国最大の仮想通貨取引所コインベースのユーザー数が、3000万人の大台を突破した。サービス開始は2012年6月で、7年1カ月で到達。投資家のアリステア・ミルン氏がコインベースで収集してきたデータで明らかになった。

ミルン氏は、収集したデータの成果を22日にツイッターで報告。
報告によると、過去10カ月で500万人の新規ユーザーが追加されたほか、18年だけでも約800万人が新たに登録されたという。なお、コインベースのブライアン・アームストロングCEOが18年8月、新規ユーザー登録数は1日当たり5万人だと明らかにしている。

コインベースは世界で最も人気の仮想通貨取引所の一つとされ、19年5月の取引高は日本円で約6500億円を記録。

現在、コインベースは米国国内のほとんどの州で送金関連のライセンスを取得しているほか、サービス提供エリアは19年5月に50カ国追加して103カ国となっており、さらなるユーザー数と取引高の増加が見込まれる。

最近のYouTube AMA(質問会)で、ブライアン・アームストロングCEO以下のように述べた

今後5年以内に仮想通貨の取引だけでなく、仮想通貨を使ったより一般的な事業を開始する。

取引以外に広範なサービスを提供することで、仮想通貨の採用に貢献したいと考えているという。

ABOUTこの記事をかいた人

わたぼう

1990年生まれ。地方新聞社で新聞、経済雑誌記者として5年勤務した後、仮想通貨に魅せられ、仮想通貨記者に転身。各メディアで仮想通貨関連の記事配信を手掛ける。