バイナンス、法定通貨&仮想通貨取引所をシンガポールで正式ローンチ

バイナンス、法定通貨&仮想通貨取引所をシンガポールで正式ローンチ

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は10日、シンガポールにて法定通貨と仮想通貨間で取引可能な仮想通貨取引所をローンチしたと発表した。

これによってバイナンスシンガポールを使用するユーザーは、シンガポールドルで仮想通貨のトレードはもちろん、24時間365日のSGDによるリアルタイムでの入出金が可能となるという。

また、バイナンスの発表によると4月のソフトローンチ以来、1週間でプラットフォームは約20%のユーザーが増加しており、取引量も急速に増加しているようだ。

バイナンスシンガポールのローンチについて、同プラットフォームのCEOであるCZ氏は次のように述べている。

「Vertexは、地元の規制当局や金融機関との信頼関係のある仕事を通じて、シンガポールのコミュニティに参加するための重要な推進力となってきました。革新的な技術ポートフォリオを管理し、適切な措置を講じるという世界的な実績も、シンガポールのより幅広いブロックチェーンエコシステムを持続的に成長させる能力を示しています。」

今回の仮想通貨取引所バイナンスシンガポールのローンチに到るまでには、シンガポール国有企業の傘下であるVertex Ventures(ヴァーテックス・ベンチャーズ)社から投資を受け、正式なスタートを迎えた。

仮想通貨取引所バイナンス、オーストラリアでビットコイン(BTC)を購入できる仲介プラットフォームを発表

2019.03.20

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。