米議会がFacebook社の仮想通貨リブラに対し開発停止を求める

アメリカ議会がFacebook社の仮想通貨リブラに対し開発停止を求める

6月18日に発表された、Facebook社の仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」に対し、米国議会がトークンの開発停止を求めた。

アメリカ下院金融委員会のMaxine Waters委員長は、議会と規制当局の精査が完了するまでトークンの開発を停止するようにFacebook社に要請しているという。

Waters委員長は、Facebook社のユーザープライバシーデータの保護に関して問題視しており、声明で以下のように述べている。

Facebookは何十億ものユーザーに関するデータを保有しているにも関わらず、そのデータの慎重な扱いや保護について軽視するようなことを繰り返してきた。
同社が暗号通貨の作成を計画しているとの発表を受け、そのような問題を抱えたまま仮想通貨市場に参入することは様々なリスクがあり、規制当局はすぐに対応を図るべきだと感じた。

米議会からの批判に対してFacebookの広報担当者は以下のように回答している。

私たちはこのプロセスが進むにつれ、議員の質問に回答できることを楽しみにしています。

Waters委員長は「Facebook社の経営幹部はこの件について委員会で証言すべきだ」と述べ、マーク・ザッカーバーグからの正式な証言を求めている。

Libraの発表から一夜明け、各所で大きな話題を呼んだが、想像以上に米国や各国政府からの疑惑の目は厳しいようだ。

フェイスブック独自通貨の計画に対し、欧州議会などが反対の意志

2019.06.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。