匿名通貨モネロ(XMR)、新たなマイニングアルゴリズム「RandomX」を実装

匿名通貨モネロ(XMR)、新たなマイニングアルゴリズム「RandomX」を実装

匿名性を重視した仮想通貨であるMonero(モネロ)は、新たなマイニングアルゴリズムである「RandomX」を発表し、PoWという基盤を変更しない方針を打ち出した。

バイトコインと呼ばれる匿名性通貨を基盤として作られた仮想通貨モネロは、仮想通貨市場で最も使用、取引されている仮想通貨である。

今回のマイニングアルゴリズム「RandomX」は、Arweave(アルウィーブ)と共同で開発されたマイニングアルゴリズムであり、ASICマイニングを防止しながら、モネロのGPU対応を可能にする。

今回の新たなマイニングアルゴリズムの開発について、Monero Outeachチームは少人数の大手マイニング企業によるマイニングでの支配を防ぐことを目的としており、今回の発表について次のように述べている。

「RandomXのアイディアは、基本的にCPU全体を再実装するためにASICを構築することを望む人に要求することができ、 Moneroのために働きます。日々のコンピュータハードウェアの採掘が、競争力を維持するのに役立ちます。」

また、共同で開発したArweaveのCEOは次のように「RandomX」の強みについて述べている。

「RandomXのようなASICに耐性のある作業証明アルゴリズムによって、恒久的で低コストの耐タンパー性のあるストレージネットワークがさらに強化されます。
RandomXはArweaveネットワークの分散型コンテンツポリシーに対するパワーを確実に維持します。世界中に分散している多数の関係者に分散しています。」

しかし最近の仮想通貨市場では、中央集権的な通貨やプラットフォームにならないよう、PoS(プルーフ・オブ・ステークス)と呼ばれるアルゴリズムを採用しており、時価総額2位の仮想通貨イーサリアム(ETH)も大型ハードフォーク(アップデート)として、アルゴリズムの変更を実行している。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。