取引所ビットフィネックス、テザー社のLightning networkをサポート

取引所ビットフィネックス、テザー社のLightning networkをサポート

暗号通貨取引所であるBitfinexは、Tether社が年内に予定しているLigthning networkの実装に対してサポートを行う計画を発表した。

ライトニングネットワークとは、オフチェーン上のセカンドレイヤーペイメントプロトコルのことであり、同技術を導入することで高速な取引や根本的な手数料の削減を見込むことが出来る。これに伴い、決済事業などでの導入が見えてくる。

Bitfinexの最高技術責任者(CTO)であるPaolo Ardoino氏は、「BitfinexがLNの発展に貢献したい」と述べており、同社はオープン開発プロジェクトであり、Ligthning networkの開発をしているRGBに参加している。

また、Paolo Ardoino氏はLightning network上でのテザー通貨の低コストで即時の取引について、次のように述べている。

「Lightning networkチームとの最初の発見および統合に関する議論を発表できることに興奮している。」

また、Tether社は現在、Omni Layer、Ethereum、TRONのプラットフォーム上にUSDTを発行しているが、新しくEOSのプラットフォーム上にUSDTを発行する計画を発表している。

Tetherの競合他社、USDコイン、TrueUSD、PAX、ジェミニドルはすべてEthereumで独占的に発行されており、今後Tether社は、Ethereum以外のシェアを獲得しようとしている。

この記事のURLをコピーする