仮想通貨取引所コインベースのEコマースアプリが、ローンチから「5000万ドル」を突破

仮想通貨取引所コインベースのEコマースアプリが、ローンチから「5000万ドル」を突破

仮想通貨は支払い通貨としての本来の機能は、世間に認知されていないと考えていたが、米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が提供する決済アプリは、仮想通貨を保有している市場のユーザーに非常に人気のコンテンツとなっているようだ。

コインベースが提供する決済アプリ「Coinbase Commerce(コインベースコマース) 」が、2018年2月にローンチされてから同アプリにて、5000万ドル(約55億円)もの取引決済をしていることが明らかになった。

コインベースコマースは2018年2月にローンチされた、Eコマース向けの決済サービスであり、2,000以上の加盟店で利用されている。これらの加盟店は、支払いの方法として、仮想通貨決済を導入することができ、既存の支払いフォローと統合することが可能となる。

コインベースコマースの商品リーダーであるJustin O’Brien氏は、今回の取引決済の発表について、次のように述べている。

ボリュームは、第2四半期に急上昇し始めました。それらは私達が始めたのでそれらは上昇傾向にありました。」

加盟店がコインベースコマースを使用するには、コインベースの取引所プラットフォームの登録を完了させ、仮想通貨を受け取るために非管理ウォレット作成するのみである。また、Coinbase Commerceは、Magento、OpenCart、PrestaShop、WooCommerceなどのeコマース向けの決済プラットフォームへと統合されている。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。