炭酸飲料のペプシ、ブロックチェーンを活用した広告テストに成功|28%向上が証明

炭酸飲料のペプシ、ブロックチェーンを活用した広告テストに成功|28%向上が証明

米国や日本など、世界各国で人気の炭酸飲料ペプシコーラを製造する飲料大手企業PepsiCo(ペプシコ)は、ブロックチェーンプラットフォームを使用した広告表示キャンペーンの効率が28%向上したことが証明されたようだ。

PepsiCo(ペプシコ)は、ブロックチェーンプラットフォームを使用した広告表示キャンペーンは、ブロックチェーン企業であり、地震のブロックチェーンを活用した仮想通貨Zilliqa(ジリカ)のブロックチェーンプラットフォームを使用し、広告表示テストに取り組んでいることが明らかになっていた。

今回のプロジェクトはProject Protonと呼ばれ、目的として、広告を提供する企業が本物のブランドを安全な広告を打ち出し、インプレッションに対してのみ支払うことを可能にする「スマートコントラクト」を使用することであり、このキャンペーンを機に広告予算の拡大および、広告に関する透明性の向上を目的としてスタートされた。

ブロックチェーンを活用した広告の活用は、グローバルメディアであるMindshare(マインドシェア)」が主導となり進められ、表示可能インプレッションのコストに関しては、効率が28%向上。

PepsiCoの消費者エンゲージメント担当ディレクターは、今回のブロックチェーンを活用した広告テストに関して次のように述べている

「Mindshareと提携して、メディアでのブロックチェーンのアプリケーションと付加価値をテストしました。私たちが新技術に遅れないようにし、透明性、視認性、ブランドの安全性、そして購買効率を向上させ続けることが重要です。結果は有望であり、より多くの仮説を検証し、全体的な影響を測定するために、さまざまな条件下でさらにいくつかのキャンペーンを実行する予定です。」

今後ともに、パフォーマンスやブロッックチェーン技術の改良を行い、第2段目となるテストの実行を予定しているようだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。