仮想通貨市場の冬は終わった?ビットコインをはじめとする上位コインが軒並み急成長

仮想通貨市場の冬は終わった?ビットコインをはじめとする上位コインが軒並み急成長

4月1日〜2日にかけ、仮想通貨市場が突然急成長した。ビットコインを含むほとんどの通貨が過去24時間で大きく上昇している。
現在流通しているすべての仮想通貨の純資産額は、火曜日の1億4,700万ドルから1億7,300万ドルに急増した。

世界的な金融コンサルタント企業deVereグループのCEOは次のように述べている。

長期間に渡るベア市場(弱気市場)からビットコインが戻ってきたという感覚が高まっています。
今市場は底を打っており、暗号通貨市場の冬が終わったと考えられるでしょう。
ビットコインは今後数週間から数ヶ月で更に上昇し、着実な成長を遂げると考えています。

時価総額トップであるビットコインは4月2日から急上昇し、過去24時間でおよそ27%成長。現在は約5,000ドルで推移し上昇を続けている。

イーサリアムは140ドル前半で推移していたが、ビットコインの急成長と共に上昇をはじめ18%成長。現在は170ドルを突破し強気傾向で取引されている。

時価総額第三位のXRPは、0.31ドル付近で推移していたが、約16%成長し0.367ドルまで上昇。現在は少し下降し、0.36ドルに後退している。

今回の市場急成長のトップは、時価総額6位のビットコインキャッシュで、過去24時間で57%以上の成長を見せた。
上昇前は170ドル付近で取引されていたが、市場の急成長により一時270ドルを突破した。その後少し後退し、現在は260ドル付近で推移している。

市場急成長の理由は、現在多くのコミュニティで議論されているが、まだ特定には至っていないようだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。