7月29日|NEM(ネム/ゼム)が取引所Bithumb(ビッサム)で急騰!!

7月29日|NEM(ネム/ゼム)が取引所Bithumb(ビッサム)で急騰!!

韓国の大手仮想通貨取引所のBithumb(ビッサム)にて29日、ビットコインをはじめとする仮想通貨が上昇をしていないなか、仮想通貨NEM(ネム)が急騰を見せました。

今回の急騰でNEM(ネム)の価格は、朝の6時時点で440KRW(約43円)から2時間かけて約8時までに510KRW(約50円)まで価格が高騰しました。

仮想通貨NEM(ネム)は、日本人とも馴染み深い仮想通貨で、日本国内に拠点を置く仮想通貨取引所コインチェック社のNEM不正流出事件にて、その認知度を大きく知らしめることとなりました。

取引所Bithumb(ビッサム)は、CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)の取引所ランキングにて7位を誇る仮想通貨取引所であり多くの仮想通貨が上場するたびに大きな価格上昇を見せてきました。

NEM(ネム)の高騰理由は?

このBithumb(ビッサム)へ仮想通貨NEM(ネム)が6月7日、上場し、価格は20円代から上場により一気に価格が上昇し、約30円近くまで上昇しました。

今回のNEMの急騰は、7月に入ってから初めてのことではなく、7月1日には約6%〜8%の高騰を見せていました。

前回の高騰で、市場では「同国内での情報開示(仕手)による価格操作ではないか?」と多くの予想が立てられており、今回の価格の高騰も、前回と同様の理由ではないかと予想されています。

NEM(ネム)の価格が低迷しているなか、どのような理由であれ価格が上昇し、取引だかが上昇していることについては、いい材料かと思われます。

運営の見解

運営の椎木

韓国プレミアということで、仕手が入っているようですね。これに釣られてイナゴが集まっているみたいですが、他の取引所で釣られて上がる頃には、利確されて下がっている状況です。基本的に売り抜けない人は触らないほうがいいですし、未だにこのようなことが起きていること自体が問題のように感じます。相場が落ち着きはじめたと思ったらこれですからね。

他の銘柄でもたまにあるみたいなので、注意が必要ですね。今年上半期に相当な数のリスティングをおこなっていました。韓国は、仮想通貨に対して前向きな感じなので、あまり問題起こさずに仮想通貨の開発を進めてほしいなと思っています。