コスタリカ従業員、仮想通貨での給与支払いが可能

コスタリカ従業員、仮想通貨での給与支払いが可能

コスタリカの従業員は、仮想通貨での給与の一部を受け取ることができ、それらの受け取りは法的には違反しないことが判明しています。

これについては、コスタリカの国内法の一部の条件として、企業側は金銭的な法定通貨などの金銭のみでなく、労働者に対して仮想通貨での支払いを認めており、これに対して一部の法律専門家は仮想通貨がカテゴリーに適用して行くと発言しています。

これらの仮想通貨での給料の支払いに関しては、コスタリカの法律によると、今後、仮想通貨での給料支払いが起こり得ない状態ではないと述べています。また、国の法律では法的最低賃金がお金で支払われるない限り、顧客は法定通貨ではない商品で雇用者に報酬を与えること認められています。

同国のコスタリカは、観光産業の多くをホテルなどでビジネス販促する数が増加しており、近年着実に発展しています。

また、コスタリカでは、仮想通貨の位置付け「凖マネー」という位置付けにしており支払い手段として、世間に広く認知される仮想通貨の開発も進めています。

中央アメリカの有力な法律事務所であるナッサー・アボガドス(Nassar Abogados)氏はこれについて次のような見解を述べています。

この種の支払いは、伝統的または流動的な現金に取って代わるものではありません。コスタリカのニュースで引用されている精巧な専門家は、労働者がこれらの通貨を彼らのサービスの支払いとして受け入れるかどうかを決めるインセンティブになるだろう

仮想通貨による給与の支払いは、世界各国で使用されており、日本でも新アイドルユニット「仮想通貨少女」の給料の支払いが仮想通貨であることから、世界的でも主流になるかもしれません。

運営の見解

運営の椎木
G20終わりましたね。10月に色々でるみたいですが、主にはマネロン中心になるかと思います。

あとは、まだまだ市場規模が小さいのと、問題や不具合が色々出てくると思いますので、それが出たうえで総合的に判断していくということだと思います。

紙幣が出て、中央政府が通貨を管理し資本主義経済が今世紀を設計してきましたが、これを根底からひっくり返すくらいのイノベーションは起こると思っています。

超情報社会の現代において暗号通貨の情報を常に最新の状態にしておくのがこれからの人生で成功する鍵になってくるでしょう。

今後もG20や大きい会議には注目していきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。